妊娠・出産・腰痛 の関係 (姿勢の悪化・歪み)

妊婦さんと新ママさんの腰痛

妊婦さんの半数は腰痛持ち!

妊婦さんの腰痛の主な原因は以下の3つです。

1.姿勢の悪化

赤ちゃんと共に胎盤や羊水などをお腹に抱えています。自重増加などを合わせれると、平均で約10kg体重が増加します。さらにつわりなどによって運動量が低下し、筋肉も落ちてしまいます。結果、重心が崩れ、腰痛を誘発しやすい姿勢になります。

実はこの姿勢からくる腰痛、妊婦さん以外にも度々見られます。

それは・・・お腹が出ている方です。

皮下脂肪や内蔵脂肪、そして腹筋の低下によって、お腹が出てくると、バランスを取ろうと、上体は大きく後ろに反ってきます。

後ろ荷重になると、腰椎に直接体重が乗ってしまい、痛みの原因となります。

『最近、お腹が急に出てきた』

『出産を終えたのに、お腹がひっこまない』

そんな方、いらっしゃいませんか?

もしかしたら、腰痛になりかけているかも知れません。まずは腰のストレッチ。そして腹横筋のトレーニングがいいですね。

※ どうしても腹筋のトレーニングが出来ない方には、高性能EMS(筋肉を活性化させる電気機器)がございます。ご相談ください。

東急東横線 目黒線 横浜市営地下鉄グリーンライン 日吉駅 徒歩3分

プライミー鍼灸整骨院