肩こりで手にシビれ?

斜角筋症候群だけじゃない?

 

斜角筋TP

患者さまの喜びの声

 

 

手のしびれで悩んでいる方は意外なほど多く、その大部分が症状の改善に不安を覚えています。

 

手のしびれを発生させる疾患のひとつに首や胸の回りで神経を圧迫する事によって発生する、胸郭出口症候群があります。

 

その中でも最も多いのが斜角筋症候群です。

 

斜角筋と言う頚の筋肉が、腕に続く神経を圧迫することにより発生します。

 

斜角筋をマッサージやはりなどで弛緩させると症状が緩和します。

 

しかし、斜角筋は刺激に対し、脆弱な性質があり、治療後、返ってしびれがましてしまう可能性があります。

 

 

悪化させずに、安全に症状を改善する方法はないのでしょうか?

 

 

実は、その方法はあります。

 

 

前回ご紹介した『肩甲挙筋』がその答えのひとつです。

 

肩甲挙筋は、斜角筋の隣を走行している筋肉で、役割が比較的近い存在です。

 

斜角筋が硬くなってしまう患者さんは、ほぼ全員が肩甲挙筋も硬くなっています。

そのため、肩甲挙筋の状態を改善すると、斜角筋の負担も軽減されるのです。

 

しかも、肩甲挙筋のトリガーポイントの関連痛として、手に痺れを引き起こすこともあり、症状改善にとても有効なのです。

 

手のしびれが取れなくてお困りの方がいらっしゃったら、是非一度試してみて下さい。

 

 

手のしびれに関して、分からないことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

 

痛みと歪みの整体マッサージ

プライミー鍼灸整骨院 横浜日吉本院

 

電話 045-560-1722

 

お問い合わせメール

お問い合わせ

 

東横線 グリーンライン 日吉駅 (綱島 元住吉駅 隣)

 

日吉駅西口から徒歩3分

〒223-0062

神奈川県横浜市港北区日吉本町1-5-24

 

地図