膝の外側の痛みの原因は・・・筋肉?靭帯?半月板?

大切な膝蓋骨

 

%e5%86%99%e7%9c%9f-4

 

本日、テニスを趣味にされている患者さまがいらっしゃいました。

 

痛くてしゃがめない、とのことでしたが、何があったのでしょう?

 

プレイ中に膝を痛めたとのことですが、特に転倒があったわけでもなく、捻ってしまったわけでもないそうです。

 

膝に水が少し溜まっているようだったので、損傷を疑い、状態を整形外科的試験(徒手検査)で確認したところ、靭帯や半月板と呼ばれる軟骨は問題見当たりませんでした。

 

さて・・・何が原因でしょうか?

 

 

答えは、太ももの骨(大腿骨)と膝のお皿の骨(膝蓋骨)の接地面で衝突が起きていたことで、そこに炎症が起きていたようです。

 

アイシングや超音波、テーピングで炎症を抑え、痛みを最小限にしました。

また、大腿部(太もも)の筋肉がカチカチになっていて、膝の負担増になっていたので、それを緩めました。

 

結果、痛みが半減したとのことです。

 

膝に損傷が発生すると、炎症が起こり、膝の中に水が溜まりやすくなります。

膝に水が溜まると、関節内、特に膝蓋骨が不安定になり、大腿骨との間に衝突が起き、傷がつきやすくなります。

すると・・・

 

おそらく、この患者さんには上記の現象が起きていたことと思います。

 

膝が脹れ始めたら要注意です。

 

ご不安な方は、一度ご相談ください。

 

 

 

これまでの患者さんの喜びの声

 

【ヒザのことでお悩みの方は是非ご相談ください】

痛みと歪みの整体マッサージ

プライミー鍼灸整骨院 横浜日吉本院

 

電話 045-560-1722

 

お問い合わせメール

 

東横線 グリーンライン 日吉駅 (川崎市中原区武蔵小杉・元住吉から最短3分、横浜市港北区綱島、大倉山、菊名から最短9分)

 

日吉駅西口から徒歩3分

〒223-0062

神奈川県横浜市港北区日吉本町1-5-24

 

地図