膝の痛みを無くすためのもうひとつの「バランス」

左右のバランスだけではない

 

以前、膝の治療において、左右のバランスが非常に大切であるという話をご紹介しました。

 

これは、股関節・足関節から起因することが多く、特に中臀筋(ちゅうでんきん)、腓骨筋(ひこつきん)が深く関与します。

 

 

今回は、もうひとつのバランスについてお伝えします。

 

「左右のバランス」に対し、

 

 

「前後のバランス」です

 

 

 

当然、という声が聞こえてきそうですが、実は左右のバランスの崩れ以上に厄介な問題なのです。

 

 

なぜなら、前後のバランスに関与する組織が膨大な数だからです。

 

脊柱起立筋群、腹筋群、大臀筋、中臀筋、ハムストリングス、大腿四頭筋、下腿三頭筋、前脛骨筋、足底腱膜など、ざっと10程度の筋が関与しています。

 

しかも、そのうち、「群」とつくものには多数の固有の筋肉が含まれており、筋肉の数はトータルで数十にもなります。

 

 

しかも、そこに各関節の可動域や姿勢のクセが絡み、その患者さん特有の歪みになります。

 

????????????? アレ 横 下肢の痛み

 

例えば上の写真の患者さんAさん。

 

この方はかなり腰が反っています。結果、後ろ加重が顕著となり、ふくらはぎに強く体重が乗ってしまっていたため、膝の裏側を痛めてしまいました。歩くのもやっとの状態で来院され、少し落ち着いた状態で撮影したところ、このような歪みが検出されたわけです。

 

 

治療によって、歪みが改善した結果、足の痛みだけでなく、腰や肩の痛みがとれ、テニスも全力でプレイできるようになりました。

 

ちなみに、お腹も引っ込んだそうです。

 

膝の治療はしていません。やったのは、前後のバランスを調整することだけです。

 

 

 

この例のように、根本的な原因に対しての治療を施すことができれば、自ずと症状は緩和され、さらにその方が抱えていた潜在的な症状まで解決できる可能性があるのです。

 

 

 

痛みがなかなか取れない

あちこちに痛みがある

体の歪みが気になる

 

 

 

こんな方は、ぜひプライミーにご相談ください。

 

 

整体マッサージ
プライミー鍼灸整骨院 横浜日吉本院

電話 045-560-1722

東横線 グリーンライン 日吉駅 (川崎市 武蔵小杉から最短2分)

日吉駅西口から徒歩3分
〒223-0062
神奈川県横浜市港北区日吉本町1-5-24