座ると失われる”腰椎の前弯”

座ると腰椎のカーブがなくなる

 

 

 

図1

 

前回、座ると増える腰の負担

 

「腰椎の前弯」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

 

正常な腰は前に弯曲(カーブ)しています。これを腰椎の前弯と呼びます。

 

腰のカーブはとても重要で、サスペンションの働きをします。

 

荷重がかかったとき、しなる事によって、負担を分散する役割があります。

 

しかし、イスに座ると、この腰のカーブが失われてしまいます。

 

「1日に数時間もイスに座っていて、腰が痛くなる」という話をよく聞きます。

 

前回のブログでもご紹介しましたが、座っている姿勢は、立ってお辞儀しているのとほぼ同じ負担がかかります。

 

その理由は、この『前弯の消失』に有るのです。

 

そこで、椅子に座ている方の腰痛治療において、この前弯の回復がとても重要になってくるのです。

 

当院では、独自の技術のマッサージ、はり、整体や骨盤矯正を行っています。

 

 

ご不明な点がございましたら、是非メール、電話でお問い合わせください。

 

次回、デスクワーカーが知っておくべき腰椎の前弯ストレッチをご紹介します!

 

 

歪みと痛みの整体マッサージ

プライミー鍼灸整骨院 横浜日吉本院

お問い合わせはこちら

電話 045-560-1722

 

お問い合わせメール

お問い合わせ

 

東横線 グリーンライン 日吉駅 (川崎市元住吉 横浜綱島から一駅)

 

日吉駅西口から徒歩3分

〒223-0062

神奈川県横浜市港北区日吉本町1-5-24

 

地図