【セルフケアの画像あり】仰向けがつらい場合の腰痛対策ストレッチ:大腿四頭筋

腰の反りを弱めれば改善しやすい

 

 

座っているのが痛い患者様、立っているのが辛い患者様、そして寝ていると痛い患者様。

 

安静にしている時の腰痛で最も多いのがこの3パターンです。

 

治療の現場に携わっている先生にとって、仰向けや寝返りが辛いという患者様は驚くほど多いですよね。

一番負担が少なそうな寝ているだけなのですが・・・

 

立っている時や座っている時との違いはなんでしょう?

 

それは・・・

 

「腰の反りが強くなる」(=前弯の増強)です。

 

仰向けになると、太ももの重みが股関節にかかり、骨盤の下半分を押し下げます。

すると、まるでシーソーのように骨盤の上半分が浮き上がり、腰椎が反ってしまうのです。

 

腰の反りを軽減させるためには、太ももの重みが骨盤に過剰に乗らないようにすればいいのです。

 

方法は主に2つ。

 

① 大腿四頭筋のストレッチをする

② 腸腰筋を緩める

 

まず患者様に①をやってもらいそれでも改善が見られなかったら②の治療をします。

②はセルフストレッチだけでは難しいので、治療院で施術するのがいいです。

 


間違っても浮いた腰の下にタオルを挟むようなことはしないように注意しましょう!

 

 

それでも仰向けでの痛みが緩和しない方はご相談ください。

お問い合わせはこちら

↓↓↓

 

 

【骨盤の歪みでお悩みの方はご相談ください】

痛みと歪みの整体マッサージ

プライミー鍼灸整骨院 横浜日吉本院

 

電話 045-560-1722

 

お問い合わせメール

 

 

 

これまでの患者さんの喜びの声

 

東横線 グリーンライン 日吉駅 (川崎市中原区武蔵小杉・元住吉から最短3分、横浜市港北区綱島、大倉山、菊名から最短9分)

 

日吉駅西口から徒歩3分

〒223-0062

神奈川県横浜市港北区日吉本町1-5-24

 

地図