【保存版】これこそがベストの枕!?

高すぎず、低すぎず

 

過去のブログ枕はした方がいい?しない方がいい?もご覧下さい!

 

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-06-21-42-29

枕の適正な高さは、一言でいうと、「寝返りを最も打ちやすい高さ」です。

 

寝返りを打つ回数が少なくなってしまうと、関節や筋肉が硬直しやすくなり、痛みや可動制限が悪化することがあるからです。

 

 

頚椎や胸椎(背骨)の形状はひとそれぞれ。

形も違えばサイズも違います。

 

それまでの人生で、慣れ親しんだ素材もあれば、なんとなく落ち着かない質感のものもあるでしょう。

 

ですので、「全ての人にこれが一番いい枕」というのは存在しません。

 

 

そこで、こんな方法で枕の高さを微調整してみて下さい
↓↓↓
寝ていただいて高さを、タオルを1枚ずつ入れたり抜いたりして、微妙に調整して寝返りを何度も打ってください。

 

寝返り動作の際、体が捻じれず、最も寝返りをしやすい枕の高さがあなたに最も適していると言えるでしょう。

 

また、ごろんと寝返りを打っても頭が横からはみ出さない程度、枕の左右幅が必要です。

 

左右の幅に関しては広いほうがいいと言えます。

 

 

 

(過去のブログ枕はした方がいい?しない方がいい?

 

ご不安な方は、お気軽にご相談ください!

 

 

 

 

これまでの患者さんの喜びの声

 

【骨盤の歪みでお悩みの方はご相談ください】

痛みと歪みの整体マッサージ

プライミー鍼灸整骨院 横浜日吉本院

 

電話 045-560-1722

 

お問い合わせメール

 

東横線 グリーンライン 日吉駅 (川崎市中原区武蔵小杉・元住吉から最短3分、横浜市港北区綱島、大倉山、菊名から最短9分)

 

日吉駅西口から徒歩3分

〒223-0062

神奈川県横浜市港北区日吉本町1-5-24

 

地図