肩こりの『真犯人』!?頭(〇kg)と腕(〇kg)を支え続けている「ある筋肉」とは?

有名な僧帽筋はヌレギヌ!?

 

 

 

これまでの話題: 「日本人の肩こり」 

 

こんにちは。

 

プライミーの院長の山田です。

 

今日は、当院の治療で行っている「ピンポイントの治療」はどの筋肉をターゲットにしているか、というヒミツをお教えします。

 

一般的に肩こりの犯人とされている僧帽筋ですが・・・

 

上の写真は、薬局や健康雑誌でもよく目にする「僧帽筋」です。

とても面積が広く、肩こりを感じる範囲とも一致するため、広く犯人扱いされてきました。

 

もちろん無関係ではありませんが、実は僧帽筋は身体の重み支えることが目的ではなく、肩甲骨を動かすことが主な役割なんです。

実は、肩甲挙筋(けんこうきょきん)の方が大きな原因となります。 まさに肩こりの真犯人と言えます!

 

一方、2番目の図は「肩甲挙筋(けんこうきょきん)」と呼ばれる深部筋です。

 

第1〜4頚椎についている、肩甲骨を上に挙げる筋肉です。

 

つまりこの筋肉は、頭の重さ(約5kg)腕の重み(約3.5kg)の両方を支え続けている筋肉なのです。

 

 

さらに状況によっては負担が数倍にも跳ね上がるのですが、それは不良姿勢と肩こりの回でご紹介いたします。

 

次回をお楽しみに!

 

前回の話題: 「日本人の肩こり」 

 

 

これまでの患者さんの喜びの声

 

【骨盤の歪みでお悩みの方はご相談ください】

痛みと歪みの整体マッサージ

プライミー鍼灸整骨院 横浜日吉本院

 

電話 045-560-1722

 

お問い合わせメール

 

東横線 グリーンライン 日吉駅 (川崎市中原区武蔵小杉・元住吉から最短3分、横浜市港北区綱島、大倉山、菊名から最短9分)

 

日吉駅西口から徒歩3分

〒223-0062

神奈川県横浜市港北区日吉本町1-5-24

 

地図