【スポーツ障害】野球肘を治すために肩甲骨の治療が重要??

シーズンスタート!!

 

これまでのスポーツに関する記事

 

みなさんこんにちは。

 

プライミースタッフの山田です。

 

WBCやプロ野球、甲子園と、野球に関するニュースや情報が活気付いてきましたね。

 

当院では、社会人、大学、高校の野球選手が急激に増えてきました。

 

その中で最も多い症状のひとつが肘の痛みです。

 

昨日も高校野球の選手が来院されました。

 

 

サウスポーでストレートとスライダーを武器にしている選手でしたが、痛くてシャドウピッチングができない、むしろ自重(肘から先の腕の重み)で痛みが常に出ている、という状況でした。

 

治療後、シャドウではしっかり腕を振り切ることができるようになり、ご本人もとても喜んでいました。

 

実はこの選手の治療をする際、肘は一切触れませんでした。

 

なぜなら、痛みの根本的な原因がそこではなかったからです。

 

 

この選手、治療前の検査の結果、肩甲骨の動きが異常な状態に陥り、投球の一連の動きができなくなっていました。

 

そこで、肘から先に依存した投げ方になり、炎症を起こしていたのです。

 

では、肩甲骨の動きが悪くなっていたさらなる原因はなんでしょうか?

 

それは、『肩こり』でした。

 

ストレートネックと言われる状態で肩甲骨を支える筋肉が硬化しやすい骨格をしていて、その結果肩甲骨が動かなくなっていたのです。

 

 

肘の痛みがあるからといって、肘の治療をしても、根本的な解決にはなりません。

 

接触による外傷や捻挫などのケガ以外、スポーツ障害はほとんどの場合は何かしらの根本的な原因が隠されています。

 

まずはそれを見極め、改善していくことが大切だと考えています。

 

もし、治らない痛みや、早く治したい理由がありましたら、一度ご相談ください。

 

これまでのスポーツに関する記事

 

 

 

 

これまでの患者さんの喜びの声

 

【骨盤の歪みでお悩みの方はご相談ください】

痛みと歪みの整体マッサージ

プライミー鍼灸整骨院 横浜日吉本院

 

電話 045-560-1722

 

お問い合わせメール

 

東横線 グリーンライン 日吉駅 (川崎市中原区武蔵小杉・元住吉から最短3分、横浜市港北区綱島、大倉山、菊名から最短9分)

 

日吉駅西口から徒歩3分

〒223-0062

神奈川県横浜市港北区日吉本町1-5-24

 

地図