【低気圧・台風】天気が悪くなると発生する「天気痛」って?

原因は諸説様々

 

プライミー鍼灸整骨院の山田です。

私はこの仕事に携わるようになってから15年程ですが、「低気圧が近づくと痛みが出る」と訴える患者様と数え切れないぐらいお会いしました。

 

 

  • 台風が近づいてきたから膝が痛い・・・
  • 古傷が疼く・・・
  • 手術した所に違和感が出やすい・・・

 

俗に「天気痛」と呼ばれることがあるようですが、実は原因はいまいち確定してないそうです。

自律神経が天気に影響されるそうで、痛みを感じやすくなるのが原因だとか、実際に血流が低下するだとか、という説が有力のようです。

 

では、「天気痛」は諦めるしかないのでしょうか?

 

答えは「NO」です

 

思い出していただきたいのが、「天気が悪いから痛い」とも言えますが「天気が悪くなるだけで痛みが出る」とも言えるのです。

つまりそのぐらい、体に余裕がない、ということなのです。

 

体の状態を改善し、低気圧の影響を受けても痛みを出さない大丈夫なぐらいの健康状態になれば、そもそも天気を気にすることもなくなります。

 

もしずっと「天気痛」に悩まされている方がいらっしゃいましたら下の電話番号までお気軽にご相談ください。

電話 045-560-1722

 

もちろん個人差もありますが、もしかしたら、天気を気にしなくてもいい日が来るかもしれません。

 

 

これまでの患者さんの喜びの声

 

【骨盤の歪みでお悩みの方はご相談ください】

痛みと歪みの整体マッサージ

プライミー鍼灸整骨院 横浜日吉本院

 

電話 045-560-1722

 

お問い合わせメール

 

東横線 グリーンライン 日吉駅 (川崎市中原区武蔵小杉・元住吉から最短3分、横浜市港北区綱島、大倉山、菊名から最短9分)

 

日吉駅西口から徒歩3分

〒223-0062

神奈川県横浜市港北区日吉本町1-5-24

 

地図