【長時間のマッサージした方が効く?】全身マッサージをやると治療効果が低下する3つの理由

長いマッサージは逆効果

 

当院では、肩こりや腰痛、頭痛など痛み、しびれ、コリなど、直接の原因となっている部位、根本的な原因となっている部位を限定し、ピンポイントで治療することで高い効果を生んでいます。

 

「治療を全身にやってもらいたい」と患者様によくご要望・ご質問をいただくのですが、治療目的でいらっしゃっている方には基本的には全身マッサージおすすめしていません。

なぜなら、治療の効果が落ちてしまうからです。

 

 

 

それには3つの大きな理由があります。

 

 

① 血液に限りがある

人体の血液は約5リットル程度しかありません。少ない血液をぐるぐる回して栄養しているのですが、実は筋肉に供給される血液は驚くほど限られています。

 

以下は、心臓から出た血液の行き先を示しているのですが、筋肉は全体のわずか20%に過ぎません。

脳 15%

心臓 5%

肝臓・消化器 30%

腎臓 20%

骨格筋 20%

その他 20%

 

骨格筋(いわゆる普通の筋肉)は全部でおよそ400程度あると言われています。

1分間に1リットル程度の血液が400もの筋肉に行き届くわけですから、1つの筋肉に平均2.5ccの血液しか届かない計算になります。

血流障害を起こし、痛みが起きている筋肉や、機能が低下している筋肉に血流を集中させる必要があるのです。

 

しかし、痛みの原因と関係性の低い筋肉にマッサージを施すとどうなるでしょうか?

血流が不足している筋肉を差し置いて、必要でない部位に血液を回してしまう事になるのです。

つまり、治療の効果がかえって下がってしまう可能性があるのです。

 

 

② 処理できる疲労物質の量に限りがある

外傷でない限り、ほとんどの患者さまは、少しずつ疲労をためて行って筋肉が硬くなり、どこかのタイミングで痛みを発症しています。

つまり、筋肉には、発症よりかなり前から蓄積した疲労物質が溜まっているのです。

全身マッサージをすると、大量の疲労物質が血中に放出されると、そのままうまく処理されず、期待したほどの効果が出ない事が多いのです。

 

 

 

③ 全身マッサージするとヘロヘロになる

深部に到達する深い刺激を全身に行うと、刺激過多となり、リバウンドや揉み返しが起きるリスクが高まります。

それを起こさないためには、浅い治療をするしかなくなり、治療の効果が落ちてしまう結果に繋がります。

 

 

つまり、治療は量より質なのです。

 

 

もし、どんなに長いマッサージを受けてもすぐに元に戻ってしまう方、思ったほどの効果を得られない方、一度お気軽にご相談ください

 

電話 045-560-1722

 

お問い合わせメール

 

 

 

これまでの患者さんの喜びの声

 

【骨盤の歪みでお悩みの方はご相談ください】

痛みと歪みの整体マッサージ

プライミー鍼灸整骨院 横浜日吉本院

 

電話 045-560-1722

 

お問い合わせメール

 

東横線 グリーンライン 日吉駅 (川崎市中原区武蔵小杉・元住吉から最短3分、横浜市港北区綱島、大倉山、菊名から最短9分)

 

日吉駅西口から徒歩3分

〒223-0062

神奈川県横浜市港北区日吉本町1-5-24

 

地図