【節分の日】豆まきは落花生!?

豆まきの風習を知っていますか?

こんにちは。

プライミースタッフの青木です。

2017年は2月3日が節分の日となっております。節分といえばやはり「豆まき」ですよね。

今回は豆まきの風習や正しい豆まきの方法をご紹介します。

まず、豆まきで使う豆についてですが、宮城県出身の私は今まで「落花生」で豆まきをするのが当たり前だと思っていました。

神奈川県出身の妻に話すと「えっ?福豆(炒り豆)じゃないの?」という反応でした。

調べてみると、落花生で豆まきをするのは北海道や東北で多く見られる風習のようです。

落花生のメリットとしては、福豆より大きいので、投げた後に拾いやすく散らばりすぎません

また、殻に包まれた状態で投げるので、拾って食べることへの抵抗感も少ないです。

その反面、誤って踏みつぶしてしまうと殻が散らばって掃除が大変になるので気をつけてください。

次に豆まきの方法ですが、一般的にはお父さんが鬼の役になって、みんなに豆を投げられることが多いと思います。

しかし、本来はその家の主人年男、年女、厄年の人が豆を投げる役割りをした方が縁起が良いそうです。

いろんな風習や方法がありますが、家族とコミュニケーションを取れる日本の良い行事だと思いますので、ぜひ家族みんなで楽しんでみてください。

節分を本気で盛り上げたい方はこちらをご参考ください↓↓↓

節分盛り上がりアイテム

 

※注意:豆類やピーナツはお子様が誤嚥すると危険です。小さなお子様がいるご家庭ではご注意ください。 

【骨盤の歪みでお悩みの方はご相談ください】
痛みと歪みの整体マッサージ
プライミー鍼灸整骨院 横浜日吉本院

これまでの患者さんの喜びの声

電話 045-560-1722

お問い合わせメール