【電動アシスト子供乗せ自転車】メリット・デメリットとは?使って気づいたこと

お花見にぴったり!子供乗せ自転車

 

こんにちは。

 

子供を保育園を始め、色々な遊び場に、「子供乗せ自転車」であちこち行っている山田です。

 

先日、桜を見に横浜市唯一の『さくら名所100選』に選ばれている三ツ池公園にアシスト付き3人乗り自転車で行ってきました。

 

一人で子供を二人移動させなければならない時、3人乗りの自転車はとても便利です。

 

子育て中のママさん・パパさんで、子供乗せ自転車をどれにしようか迷っている方に、利用年数5年で見えてきた自転車の特徴をご紹介します。

 

山田家の自転車は、タイヤサイズが小さい22インチの子供乗せ電気アシスト付き自転車(3人乗せモデル)です。

 

ハンドルの真ん中に3歳までの小さいお子さん、それ以降は、後部に大きなお子さんを乗せられる構造です。

タイヤが小さく重心が低いのもあり、とても安定しています。

 

そんな子供乗せ自転車もメリットだけでなくデメリットもあります。

 

今回は、ぼくが個人的に気づいた「3つのメリットとデメリット」をご紹介します。

 

子供乗せ電気アシスト付き自転車のメリット・デメリット

メリット

① 小回りが効き、車に比べ駐輪に困らない

   長男が通う保育園は、駐車できるスペースが限られています。保育園に着いても車を停められない、ということがあります。その点、自転車はすぐに停めてすぐに出発できるので、とても便利です。

 

② 近距離では移動時間が節約でき、坂道も楽々

   電気アシスト付きのモデルであれば、パワフルにモーターが効いてくれます。

 

③ 子供に触れながら楽しく移動できます。

   自転車に一緒に乗ることができれば、信号や交叉点の注意点を学ぶ機会が増えます。お子さんがいつか自転車に乗り始めた時に役にたつかもしれません。

 

次のページ>> 子供乗せ電気アシスト自転車(小径タイヤ3人乗せモデル)のデメリット

 

 

 

これまでの子育てブログはコチラをご覧ください。

【子育て中の体の痛み・歪みでお悩みの方はご相談ください】

痛みと歪みの整体マッサージ

プライミー鍼灸整骨院 横浜日吉本院

 

電話 045-560-1722

 

お問い合わせメール

 

東横線 グリーンライン 日吉駅 (川崎市中原区武蔵小杉・元住吉から最短3分、横浜市港北区綱島、大倉山、菊名から最短9分)

 

日吉駅西口から徒歩3分

〒223-0062

神奈川県横浜市港北区日吉本町1-5-24

 

地図