【運動不足解消】ウォーキング派?それともジョギング派?

こんにちは。
元スポーツインストラクターの青木です。

以前のブログで、大まかな消費カロリーも計算できるメッツ(METS)法についてご紹介しました。
【簡単運動管理】ダイエットにも使えるメッツ(METS)法

 

今回は以前紹介したメッツ法をもとにウォーキングとジョギングをした時の運動量とカロリー消費の違いについてご紹介します。

 

運動不足を解消しようとした時に、最も手軽で簡単に始められる運動の一つとしてウォーキングジョギングがあります。

 

しかし、どれくらいウォーキングやジョギングすればいいのかわからないという方も多いと思います。

 

前回のブログでウォーキング(3メッツ)であれば、30分のウォーキングを週に3回すると運動基準値をクリアできるとお話ししました。

 

これがジョギング(6メッツ)の運動だった場合は、30分ではなく、15分で運動基準値をクリアできる計算になります。

そして、消費カロリーに関してはこちらの計算式で算出できます。

 

【計算式】
体重(◯kg)×メッツ(◯METS)×時間(◯時間)×1.05=消費カロリー(kcal)

 

例:体重60kgの人がウォーキング(3メッツ)を30分した場合の消費カロリー

60×3×0.5×1.05=約94.5kcal

 

例:体重60kgの人がジョギング(6メッツ)を15分した場合の消費カロリー

60×6×0.25×1.05=約94.5kcal

 

ウォーキングとジョギングのスピードによって数値は変わりますが、だいたいこのような数値になります。

 

つまり、ウォーキングとジョギングでは約2倍の運動強度の違いがあります。

 

そのため、キツくても短時間でカロリー消費をしたい方はジョギングがオススメ。

 

運動習慣がなく、キツい運動が苦手な方はウォーキングがオススメです。

 

これから運動を始めようとしている方はぜひ、ご参考ください。

 

もし、運動をしたいけど身体の痛みや歪みが気になって、運動を楽しめないと言う方は一度当院にご相談ください。
tel:045-560-1722

 

これまでの患者さんの喜びの声

【骨盤の歪みでお悩みの方はご相談ください】
痛みと歪みの整体マッサージ
プライミー鍼灸整骨院 横浜日吉本院

電話 045-560-1722

お問い合わせメール