【痛みの悪循環】「四十肩・肩こり」と「可動域低下」と「血流低下」の負のループ

万年肩こり? もしかしたらあの3つが原因かもしれません

 

『肩こりが若い時からある』

『数年間、腕をあげると痛みが出る』

 

昨日、初めて当院の整体を受けられた患者様(A様)からご相談を受けました。

 

 

 

Aさんが訴えていた症状は・・・

 

  • 肩こりがひどく、振り向いても、じっとしていても痛い
  • 腕をあげるとズキッと痛いことがあり、安静にしている
  • 入浴や運動をすると、疲労が出てしまいシャワーにしている

 

 

検査の結果・・・

 

 

「ひどい肩こりと四十肩・五十肩」であるということがわかりました。

 

四十肩は通常1年〜2年ぐらいで改善することが多いものです。

しかしAさんは数年経っているのにも関わらず、いっこうに治りません

 

 

 

 

実は、Aさん、痛みの負の連鎖の真っ只中にいました。

 

上の3つの条件の一体どれが負の連鎖から解放されると思いますか?

 

次のページ>>:何年も肩こりにはまっている負の連鎖の原因と解決方法とは・・・?