【血行が良くなるだけではない!?】温めるとなぜ痛みが取れるのはコラーゲンのおかげ?

温めるとなぜ痛みが取れる?・・・コラーゲンにヒミツがあります

 

古くから『湯治』と呼ばれる入浴によって体を癒す方法があります。

 

 

入浴すると体の痛みやコリが軽減したこと、ありませんか?

 

その理由のひとつに血行が良くなることが挙げられます。

 

実はもうひとつ大きな原因があります。

 

それは、前回のブログでご紹介した体を支える最も重要な組織(詳しくはこちらをご覧ください)が関連しています。

 

  1. 軟骨
  2. 靱帯(関節包などを含む)
  3. 筋肉(腱などを含む)

 

この4種類の組織はとにかく丈夫に作られています。

 

この丈夫な組織が傷ついた後に固まったり癒着を起こすと機能が悪くなったり、強度が落ちてしまいます。

 

 

これらの組織には強度を上げるため、あるモノが大量に使われています。

 

そのあるものとは・・・

 

『コラーゲン』です

 

日本語で『膠原線維』とも言いますが、弾力が強く、非常に丈夫な材料です。

 

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、コラーゲンは「熱を加えると柔軟性が上がり、組織の強度が上がります」

 

体の痛みの原因である筋肉や骨、関節に多く含まれているコラーゲン(膠原線維)が温まることで痛みが軽減していたのですね。

 

体が痛いからといって、コラーゲンを取るだけではダメなんですね。。。

 

これからの時期、冷房や朝晩の冷気で体が冷えやすくなっています。

 

気温は上がっていますが、意外と冷えて体の痛みを訴える患者さんが増える時期でもあります。

 

 

もし職場やご家庭で体を冷やしているようでしたら、しっかりと入浴をしてあなたのコラーゲンを柔らかくしてみてはいかがでしょうか?

 

(半身浴は全身を温める目的には有効とされていますが、肩こりを軽減させる目的の場合は、直接肩を温めた方が効果的です。)

 

 

 

 

 

 

 

これまでの患者さんの喜びの声

 

【骨盤の歪みでお悩みの方はご相談ください】

痛みと歪みの整体マッサージ

プライミー鍼灸整骨院 横浜日吉本院

 

電話 045-560-1722

 

お問い合わせメール

 

東横線 グリーンライン 日吉駅 (川崎市中原区武蔵小杉・元住吉から最短3分、横浜市港北区綱島、大倉山、菊名から最短9分)

 

日吉駅西口から徒歩3分

〒223-0062

神奈川県横浜市港北区日吉本町1-5-24

 

地図