【風邪じゃない?!】それ、寒暖差アレルギーかも

こんにちは、プライミー スタッフの河山です。

 

ここ数日で、涼しいと感じる日が増え過ごしやすくなったかと思うと、

今日は一気に猛暑が戻ってきましたね。

 

そんな中で、室内と外との寒暖差で

体調を崩していらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

この時期、症状として、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、食欲減退、頭痛など身体に不調が現れると

「夏風邪」と思いがちですが、

 

実はそれ、「寒暖差アレルギー」かもしれません。

 

「寒暖差アレルギー」とは、急激な寒暖差に身体が付いて行けず、

自律神経の働きがうまくできていない事が大きな原因とされています。

ちなみに、自律神経が適切な対応が出来るのは大体7℃以内と言われています。

 

 

 

これらを踏まえてご自分でできる予防としましては、

 

基礎代謝を上げる事や、

自律神経を整えるために部屋の中と外との温度差を「7℃以下」にする事、

リラックスをしてストレスを溜め込まない事です。

 

軽い運動をしたり、マッサージを受けるなどして血流アップ+ストレス解消を目指しましょう!

 

 

連日の暑さによりお身体に不調が出られたら、

こちらへお電話下さい。

045-560-1722