【頭痛セルフチェック】緊張型頭痛かどうかがわかる6つの項目とは?

こんにちは。
プライミースタッフの青木です。

慢性的に頭が重い、ズキズキ痛い、肩がこると頭痛が起きる。などなど

「頭痛」と言ってもいろいろ種類があるのはご存知でしょうか?

 

頭痛の種類

大別するとこのようになります。

 

【一次性頭痛】⇒明らかな基礎疾患がない慢性の頭痛

・緊張型頭痛

・片頭痛

・群発頭痛

・その他の一次性頭痛

 

【二次性頭痛】⇒頭頸部に原因疾患がある頭痛

・頭頸部の外傷(骨折、頭蓋内出血など)

・頭頸部血管の障害(脳出血、くも膜下出血など)

・目、耳、鼻などの病気(緑内障、中耳炎、副鼻腔炎など)

他にもたくさんあります。

いかがでしょうか?

二次性頭痛は命に関わるものもあり、主に病院での治療が必要になります。

 

今回は一次性頭痛の中で、発生率が最も高い、緊張型頭痛のセルフチェック方法をご紹介します。

 

緊張型頭痛のセルフチェック

①頭の両側に起きる(両側性)

②圧迫感や締めつけるような痛み(非拍動性)

③我慢できる・仕事はできる

④身体を動かしても痛みが悪化しない
————————————————————————————-

⑤頭痛が起きても吐き気や嘔吐はない

⑥光か音が気になったとしてもどちらか1つ

 

①〜④の2つ以上が当てはまり、⑤と⑥の両方が当てはまる場合は、緊張型頭痛だと考えられます。

 

もし、このチェックで緊張型頭痛に当てはまる方は、肩こりなどにより筋肉が固まって発生している場合もあるので、一度当院にお電話をください。
tel:045-560-1722

 

当院で頭痛が改善した方の感想をご紹介します。
※画像をクリックすると詳細をご覧頂けます。

M.Kさん【頭痛、猫背】頭痛持ちだったのですが、薬を飲む回数が減りました。20161115-2b

H.Sさん【肩こり、頭痛】1回の施術でとても肩が楽になり頭痛がとれました。

20160603-2C

 

 

これまでの患者さんの喜びの声

【骨盤の歪みでお悩みの方はご相談ください】
痛みと歪みの整体マッサージ
プライミー鍼灸整骨院 横浜日吉本院

電話 045-560-1722
お問い合わせメール