【視力と頭痛】目が悪いと頭痛がするって本当?

大脳の視覚野が後頭部にあるから頭痛が後頭部が痛くなる??

こんにちは。プライミーの山田です。

 

今日は、視力と頭痛の関係の話題です。

 

 

目が悪い方で、頭痛に悩まされている方も多いのではないでしょうか?

 

『目が悪いから頭痛が発生する』?

というご質問を多くいただきます。

 

その答えは・・・

『Yes & NO』

 

です。

 

頭痛(筋緊張性頭痛)は、その名の通り、筋肉が過緊張を起こして発生するタイプの頭痛です。

身近な頭痛のうち、これがほとんどを占めます。

 

目が悪いとなぜ筋緊張性頭痛が発生するのでしょうか?

 

①眼輪筋や上眼瞼挙筋、後頭筋など、目やまぶたに関わる筋肉を通常以上に使う

②目が見えないと、顔を前や後ろに位置を変え姿勢不良の原因になる

③パソコンやタブレット端末の画面操作など、1点凝視、同一姿勢の作業は、目の負担にも、肩や首の負担にもなる

 

 

※ちなみに、大脳の視覚野が後頭部にあるから頭痛が後頭部に出やすいというのは、医学的な根拠は全くありません。

 

③は、目が悪いことが原因というよりも、肩・首と、目の症状に両方に共通した原因になっている状態です。

 

実は、PC作業①〜③の全てでその原因になりやすいのです。

 

そこで次回は、肩こりになりにくいPC使用時の姿勢に関しての情報をご紹介します。

 

 

 

これまでの患者さんの喜びの声

 

【ご質問や治療をご検討の方はすぐにお電話ください】

痛みと歪みの整体マッサージ

プライミー鍼灸整骨院 横浜日吉本院

 

電話 045-560-1722

 

お問い合わせメール

 

東横線 グリーンライン 日吉駅 (川崎市中原区武蔵小杉・元住吉から最短3分、横浜市港北区綱島、大倉山、菊名から最短9分)

 

日吉駅西口から徒歩3分

〒223-0062

神奈川県横浜市港北区日吉本町1-5-24

 

地図