【温めてはだめ?】患部を冷やすべきはこんな時!!

炎症と出血

 

こんにちは。プライミーのスタッフ山田です。

 

今日は、よく患者様に質問される『温めるべき?冷やすべき??』問題にお応えいたします。

 

答えを一言で言うと

 

『強い炎症がある場合』

『出血がある場合(内出血を含む)』

 

 

です。

 

上記2つは、温めると、血管が開き、炎症や出血が悪化する可能性があります。

 

そのため、血管を収縮させ、症状を緩和させるためのアイシングは有効なのです。

 

 

次回は、炎症があるかないかの判断基準や、効果的なアイシングの方法をご紹介いたします。

 

 

これまでの患者さんの喜びの声

 

【ご質問や治療をご検討の方はすぐにお電話ください】

痛みと歪みの整体マッサージ

プライミー鍼灸整骨院 横浜日吉本院

 

電話 045-560-1722

 

お問い合わせメール

 

東横線 グリーンライン 日吉駅 (川崎市中原区武蔵小杉・元住吉から最短3分、横浜市港北区綱島、大倉山、菊名から最短9分)

 

日吉駅西口から徒歩3分

〒223-0062

神奈川県横浜市港北区日吉本町1-5-24

 

地図