【頭痛治療のポイント】当院が頭痛治療で重要視するのは○○筋!

緊張型頭痛には○○筋⁈

こんにちは。
頭痛はありませんが、長男の赤ちゃん帰り&イヤイヤ期に頭を悩ませているプライミースタッフの青木です。

 

今回は当院が頭痛治療で重要視している○○筋についてご紹介致します。

 

頭痛が起きてしまう原因は様々ですが、肩こりなどによる筋肉が緊張して起きる緊張型頭痛は、姿勢不良が根本的な原因になっていることが多いです。

 

特に緊張型頭痛は頭の重さを支えている筋肉の機能が低下することで発生しやすいです。

 

そのため、当院では頭の重さを常に支えてくれている重要な筋肉を治療ポイントにしております。

 

その筋肉とは…

 

『半棘筋(はんきょくきん)』

 

です。

半棘筋は頚半棘筋、頭半棘筋、胸半棘筋の3筋に分類されますが、今回は画像にある「頭半棘筋」についてご紹介致します。

 

この筋肉は第1〜第6胸椎と後頭骨に付着している筋肉で、頭が前に倒れる動きを支えながら、背すじを伸ばす作用がある筋肉です。

 

姿勢を維持するために、常に頭の重さを支えてくれる体の深部にある筋肉ですが、

「デスクワークでパソコンを見るために首が前に出ている」

 

「スマホをよく見るので、下を向くことが多い」

 

などの姿勢が続くと

 

この半棘筋にかかる負担が何倍にもなってしまい、筋肉が緊張し、頭痛が発生しやすくなってしまいます。

 

また、画像をよく見ると、筋肉の中から神経が出ていることに気づきましたか?

 

半棘筋が緊張すると、この神経が圧迫されて頭痛が発生する場合もあります。

 

当院はこの半棘筋に直接アプローチできる治療技術があるため、多くの方が治療効果を実感して頂いております。

 

当院の頭痛治療の詳細はこちらもご覧ください。
プライミーの頭痛治療専門ページ

 

また、自宅で簡単にできる半棘筋のセルフケアもご紹介しておりますので、是非ご覧ください。
【セルフケア】肩こり頭痛の特効ツボはこちら!

 

全然良くならない頭痛でお悩みの方はお気軽にこちらへお電話下さい。
tel:045-560-1722

 

これまでの患者さんの喜びの声

【骨盤の歪みでお悩みの方はご相談ください】
痛みと歪みの整体マッサージ
プライミー鍼灸整骨院 横浜日吉本院