【日吉 頭痛①】片頭痛と緊張型頭痛の違い!セルフチェック編

こんにちは。
短髪で、この時期側頭部が寒くなるスタッフの青木です。

今年の冬は比較的暖冬ですが、気温差が大きく、体調不良に加え、肩こりや頭痛に悩まされている方も多いのではないでしょうか?

特に明日、月曜は最高気温が高く、明後日の火曜は気温が一気に下がる予報なので、気温差が大きくなることが予想されます。

 

服装を調整するなど、体調管理にお気をつけください。

 

さて、今回は「片頭痛と緊張型頭痛の違い」についてご紹介致します。

頭痛に悩む女性

頭痛があると仕事や家事もなんとなくイライラしてしまい、日常生活でストレスを感じることが多いと思います。

 

そこで、今回はまず自分の頭痛が片頭痛なのか緊張型頭痛なのかを知るための簡単なセルフチェックをご紹介致します。

 

片頭痛と緊張型頭痛の両方がある場合もあれば、すぐに医療機関での治療が必要になる場合もあります。
病院へ行くべき頭痛の見分け方はこちらのブログをご覧ください。
【この頭痛はすぐ病院】病院に行くべき頭痛の見分け方

 

片頭痛と緊張型頭痛のセルフチェック

【片頭痛で起きやすい症状】

①心臓の拍動に伴ってズキンズキンと痛む(拍動性)

②片側のこめかみだけが痛む(片側性)

③頭痛が起きる前に目の前がチカチカする(閃輝暗点)

④温めると頭痛が悪化する

これらが当てはまる場合は片頭痛の可能性があります。

 

【緊張型頭痛で起きやすい症状】

①頭が重だるく、締め付けられる痛み(非拍動性)

②頭痛は頭全体的に起きる(両側性)

③頭痛の前兆はなく、肩こりや疲労から頭痛が起きる

④温めると頭痛が軽減する

これらが当てはまる場合は緊張型頭痛の可能性があります。

 

いかがでしょうか?

 

自分の頭痛を理解した上で、予防や対策を実施するようにしましょう。
※予防と対策は次週ご紹介致します。

 

頭痛でお悩みの方は当院の頭痛専門ページをご覧頂き、すぐにこちらへお電話下さい。
プライミー頭痛専門ページ

 

肩こりや頭痛でお悩みの方はこちらへお電話下さい。
tel:045-560-1722

これまでの患者さんの喜びの声

【頭痛や身体の歪みでお悩みの方はご相談ください】
痛みと歪みの整体マッサージ
プライミー鍼灸整骨院 横浜日吉本院

電話 045-560-1722
お問い合わせメール