【足が疲れやすい方必見!?】自分の足に合った靴の選び方で疲労予防

靴紐を結んでいる写真

 

こんにちは。

 

意外とお腹が弱いプライミー鍼灸整骨院の落合です。

 

さて、

 

靴の選び方で足の疲労予防が出来るとしたら知りたくはありませんか?

 

今回は足に負担が掛かりにくい、靴の選び方を5つご紹介致します。

 

①自分の足のサイズに合ったもの

 

当センターに来られている方では、意外と自分の足のサイズに合っている靴を履いている方は少ないです。

 

特に小さいお子様は、足が成長して大きくなるという理由で、大きめのサイズを履いている子をよく見かけます

 

新しいものを購入する際は、

 

つま先は約1㎝開けるぐらいで、横幅は出来るだけピッタリのものを選ぶようにしましょう。

 

②紐やマジックテープで足の甲を固定できるもの

 

固定ができると靴の中で足が動かないので、足を使いやすくなります。

 

そして1歩が軽くなります。

 

③つま先がサイドスクエア(幅広い形)になっているもの

 

幅の広いタイプを履いて頂きたいのですが、注意点があります。

 

①でもお伝えした様に、大きすぎず、足にぴったりのものです

 

④靴底にクッション材が入っているもの

 

靴底に衝撃吸収材が入っているだけで、足裏の負担軽減だけではなく、膝や腰回りの状態も良好になる場合もあります。

 

⑤かかと部分がフィットするもの(V字型で踵までフィットするもの)

 

V字になっているの所にアキレス腱(踵の上のスジ張っている所)が、フィットしていると足の安定感が得られます。

 

安定感が出ると足が疲労しにくくなります。

 

 

足の疲れや肩こりでお悩みの方はプライミー鍼灸整骨院にお電話下さい。

 

tel:045-560-1722