【膝の痛み】変形性膝関節症の患者さんは救いがない?

人間は膝だけ歩いているわけではない

 

 

昨日、膝の痛みを訴える患者さまがいらっしゃいました。

 

整形外科で「変形性膝関節症」と診断されたそうで、内視鏡(関節鏡)を使った手術をこの5年で2回受けられたそうです。

 

手術の前後で痛みや可動域は全く変わらず、病院やマッサージ院、整体、整骨院・接骨院など、あらゆる治療を受けられたそうです。

 

しかし、今まで症状は一向に良くならなかったそうです。

 

当院に来られた際も、膝の可動域をなんとか改善したい、というご要望をいただきました。

 

 

治療前は曲げる角度が90度程度までしか曲がまがらなかったのですが・・・

治療後、120度ぐらいまで曲がるようになりました。変形があるため、もう少し改善するかもしれませんが、おそらくその方の最善に近い状態になったと思われます。

 

その方は嬉しそうにされていましたが、まだ何か思うところがありそうな表情をされていました。

 

実は、この患者様、登山とクライミングを趣味にしていて、どうしてももっと良くする必要があったのです。

 

そこで、当院からあるご提案を差し上げました。

 

 

それは「膝の可動域だけにこだわらず、膝と体の機能を上げる」ことです。

 

この患者様は、股関節の症状に意識が行っていましたが、実際は股関節と腰椎の可動性が非常に悪くなっていたのです。

 

股関節が曲がった状態でたち続けているため、歩行をしようとすると労力のロスが多く、また、膝との連動がうまく行かず、力を伝えにくい状態になっていました。

 

膝は単独では動くことができない関節です。

 

必ず、股関節・足関節が連動し、そしてそれらの関節も隣の関節と連動します。

 

 

 

次回、股関節の治療を行い、まずはまっすぐ立てる様になることを目標にします。

 

経過のご報告はまた後日アップロードいたします。

 

お楽しみに!!

 

 

 

これまでの患者さんの喜びの声

 

【骨盤の歪みでお悩みの方はご相談ください】

痛みと歪みの整体マッサージ

プライミー鍼灸整骨院 横浜日吉本院

 

電話 045-560-1722

 

お問い合わせメール

 

東横線 グリーンライン 日吉駅 (川崎市中原区武蔵小杉・元住吉から最短3分、横浜市港北区綱島、大倉山、菊名から最短9分)

 

日吉駅西口から徒歩3分

〒223-0062

神奈川県横浜市港北区日吉本町1-5-24

 

地図