【画像解説あり】見えているけど見えない?腰痛の黒幕

腰痛は腰の筋肉が原因?

 

 

多くの場合、腰痛の原因は腰の筋肉が過緊張を起こすことによって発生します。

 

しかし、単純にそれだけなでしょうか?

 

腰痛の原因である、「筋肉が硬くなってしまうこと」のさらなる原因があるのです。

 

 

〈腰が痛くならない動きの法則性〉

 

お辞儀をする時、不安定な体を安全に、効率的に動かすための、大切な順番があります。

 

1 足の筋肉が緊張(股関節を支持)

2 股関節の筋肉が緊張(骨盤を支持)

3 腰部の筋肉が緊張(脊柱を支持)

 

写真_2016-07-31_5_19_01_png

 

この3つのステップは普段、無意識のうちに行っている連鎖反応ですが、

筋肉が硬くなってしまったり、過去にぎっくり腰やケガなどの経験によるかばいがあったりすると、動きの連鎖反応が崩れてしまうと、一気に負担が増し、腰痛が発生してしまうのです。

 

そのため、このような腰痛の場合、痛いところをマッサージするだけでは治りません。どの関節の動きが悪いかを見極め、改善することが必要なのです。

 

 どこにいっても取れない、良くならない腰痛にお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

 

お問い合わせはこちら

↓↓↓

電話 045-560-1722

お問い合わせメール

お問い合わせ

 

東横線 グリーンライン 日吉駅 (川崎市 武蔵小杉から最短2分)

 

日吉駅西口から徒歩3分

〒223-0062

神奈川県横浜市港北区日吉本町1-5-24

 

地図