【知って得する】産後にやってはいけない座り方

仙腸関節炎を誘発する座り方

 

 

7c89f1a36c730e27402033ec04b0ad03_s

「横座り」。授乳の時などにやっていませんか?

 

こちらも合わせてお読みください

↓↓↓

産後の腰痛はこれが原因?

 

 

【産後にかかりやすい仙腸関節炎のリスクを下げるには?もしなってしまったら?】

 

仙腸関節炎を未然に防ぐことはとても難しいと言えます。

なぜなら、自分の骨盤が緩んでいるかどうかを知ることができないからです。

 

もし、仙腸関節炎と思わしき症状になってしまったら、まず第一に安静が必要です。

そして、通常の腰痛とは違い、仙腸関節の負担を減らす工夫も必要です。

 

最も有効な工夫のひとつが、

 

 

『横座りをなるべくやらない』

 

ことです。

 

 

 

横座りをすると、骨盤をひねる力が加わり、仙腸関節炎になりやすくなってしまうのです。

 

 

 

 

 

産後の骨盤矯正が非常に有効ですが、さけなければならないこともあります。

 

それは・・・

 

「横座り」です。

 

 

横座りは、仙腸関節に捻る力が加わり、炎症を発生しやすくなってしまいます。

 

産後の骨盤の歪みの大敵なのです。

 

授乳の時、何気なくやっていませんか?

 

横座りになるぐらいなら、正座やあぐらの方がずっとマシです。

 

横座りをした後に特に痛みを感じるようでしたら、一度試してみてください。

 

それでもダメなら、ぜひ一度ご相談下さい!

 

 

 

こちらも合わせてお読みください

↓↓↓

産後の腰痛はこれが原因?

 

 

 

 

「歪みと痛みの整体マッサージ」

プライミー鍼灸整骨院 横浜日吉本院

お問い合わせはこちら

電話 045-560-1722

 

お問い合わせメール

お問い合わせ

 

東横線 グリーンライン 日吉駅 (川崎市元住吉 横浜綱島から一駅)

 

日吉駅西口から徒歩3分

〒223-0062

神奈川県横浜市港北区日吉本町1-5-24

 

地図