膝のお皿が動かない?有効な対策とは・・・?

膝蓋骨の動きをつけよう!

f0090954_7264631

過去のブログ

本日、70代女性の患者さまがいらっしゃいました。

 

症状は左膝の痛み。

 

座っている状態から、ぴんっと膝を伸ばして立ち上がろうとすると、ズキッと膝蓋骨(膝のお皿の骨)の周辺に走る痛みがあるということでした。

 

レントゲン撮影の結果は、軟骨(半月板と思われます)が少しすり減っているものの、変形は特にないとのことでした。

 

しかし、立った状態で膝の屈伸をしてもらったところ、「バリバリ!」と引っかかるような音が鳴り響いていました。

 

整形外科の先生には、「膝のお皿をよく動かすように」といわれ、やってみたけれども硬くて動かなかったそうです。

 

この女性に一体何が起きていたのでしょうか?

 

実は、膝蓋骨の周りの筋肉に多くのしこりができていました。

 

そのため、膝蓋骨の動きが悪くなり、さらに膝の筋肉に負担がかかり、しこりができやすくなる、という悪循環が生まれていました。

 

治療の結果、膝の異音はなくなり、痛みも取れたとのことでした。

 

さて、このような症状に出くわした時の対処法方はこちらです。

1. 膝のお皿の周り(特に膝蓋骨の上方)骨のキワのしこりのマッサージをする

2. ハムストリングス(ももの裏側の筋肉)も忘れずにマッサージ

3. 長座で背中は何かに寄りかかる(できるだけリラッックスさせる)

 

これをやれば、いとも簡単に膝のお皿を動かすことができるかもしれません。

 

ぜひお試しください。

 

 

【歪みと痛みの整体マッサージ】
プライミー鍼灸整骨院 横浜日吉本院

 

↓お問い合わせは、コチラをタップしてください。

電話 045-560-1722

 

お問い合わせメール

お問い合わせ

 

東急東横線 グリーンライン 日吉駅 (川崎市元住吉駅、横浜市綱島駅の隣)

 

日吉駅西口から徒歩3分

〒223-0062

神奈川県横浜市港北区日吉本町1-5-24 2F

 

地図

?