骨折していますね

 

 第5基節骨 骨折

bones of foot

プライミー鍼灸整骨院では、朝10時から診療しています。

 

今日も、朝一番の患者さまが来院されました。お連れさまとアイサツをしていると・・・

 

なんだかちょっと様子が変です。

 

足を引きずっています。

 

聞いてみると、昨日の夕方に重い物を足の小指に落っことしたんだとか。

 

 

治療の合間に診てみると・・・

 

 

折れてました。

 

 

骨折ですね。

 

 

 

本人もビックリ。

 

歩けなくなるほどの痛みでもないのに・・・

 

と、いうことで、放っては置けないので、簡単ではありますが、処置をしました。

 

 

そうなんです。

 

骨折 = 歩けないほど痛い

骨折 = レントゲン撮影をしなければわからない

 

 

というイメージがありますが、実はそうとも限りません。

 

骨の折れ方によっては、痛みがほとんどないこともあれば、レントゲンに写らないこともあります。

 

そんなときは、徒手で検査して、整復(骨折の処置)をしなくてはいけないのです。

 

 

 

骨折を見逃すと・・・

 

 

骨折を見逃すと、「骨が折れっぱなしになってしまう」ことがあるのです。

 

足の小指の骨が、折れてからくっつくまでの期間はおよそ2、3週間。骨折の瞬間から、接着剤のようなものが骨折部に供給され、それを使って骨癒合が達成されます。しかし、そのチャンスを逃すと、骨がくっつくことはもう二度とありません

 

そうなると、手術でつけることになります。

 

全身の骨の中で、指の骨はとても折れやすいです。また、骨だけでなく、他の組織も損傷を起こしやすいです。

 

痛みをガマンできるからといって、ガマンしないようにしましょう。

 

もし、指の一本でも使えなければ、様々な障害が残るリスクがあるからです。

 

 

 

実はこれ、私が整復師(骨折・捻挫・捻挫を治すための国家資格)を取得する動機です。

 

 

 

別件で来院された方も、初めて来院される方も、お気軽にお問い合わせください。

 

 

手足のケガで困難を受けるはずの人生を回避することができればとても嬉しく思います。

 

 

外傷・ケガもトータルでカバーする歪みの整体
プライミー鍼灸整骨院 横浜日吉本院

電話 045-560-1722

メールでのお問い合わせはこちら(お問い合わせフォームへ)

東横線 グリーンライン 日吉駅 (川崎市 武蔵小杉から最短2分)

日吉駅西口から徒歩3分
〒223-0062
神奈川県横浜市港北区日吉本町1-5-24