【治療家向け情報】手のしびれの鑑別(手・肘関節編)

【簡単に鑑別できるしびれの原因】

 

tinnel

 

前回の続き

 

上肢(指)のシビれがあるときは、末端から検査するということをご紹介しました。

 

実際、どのように検査したらいいのでしょうか?

 

【チネルサインを使う】

チネルサイン(チネル兆候)とは、神経の損傷や圧迫を受けている部位を、「トントン」と術者の手指や打腱槌などで叩くとその遠位にある放散痛が強調される、という検査法です。

 

 

 

手根管・ギオン管・肘部管症候群は、いずれも神経走行が、体表に近く、容易にチネルサインを誘発させることができます。

 

また、手根管症候群においては、ファーレンテストでも検査をかけることができ、より精度の高い検査を行うことができます。

 

 

よって、指先にシビれがあるとき、手首や肘の神経の通り道の関門において圧迫を受けていないかどうか、容易に、しかも正解率が高い検査を行うことができるのです。

 

 

そこで、陰性が出れば、いよいよ頚椎・胸郭出口の疾患などが疑われるわけです。

 

なかなか良くならないシビれでお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

 

※ 上肢のシビれ まとめ編に陥りがちな落とし穴を掲載します。必ずご覧ください。

 

 

神経症状なら歪みを取る整体マッサージ

プライミー鍼灸整骨院 横浜日吉本院

 




電話 045-560-1722

 



メールでのお問い合わせ

 




東横線 グリーンライン 日吉駅 

(川崎市 武蔵小杉から最短2分)


日吉駅西口から徒歩3分

〒223-0062
神奈川県横浜市港北区日吉本町1-5-24