神経症状の原因鑑別の恐ろしい落とし穴

あなたは消去法で患者さんを見ていますか?

nurve-arm

これまで連続で、上肢のシビれに関してご紹介してまいりました。

 

 

例えば指のシビれでは、手首、肘、胸郭、頚椎の順番で検査し、トリガーポイントのスクリーニングをした上でシビれの原因を明らかにする、という方法もご紹介しました。

 

 

実は重要な注意点があります。

 

 

 

それは、「神経症状の原因の犯人は単独犯とは限らない」ということです。

 

既にご紹介していますが、神経が圧迫されると、そこから遠位に(指先方向に)向かい、全ての部位で放散痛が発生する可能性があります。

 

つまり、小指にシビれが発生した場合、様々な『共犯』が考えられるわけです。つまり、直近のギオン菅だけでなく、肘部菅、小胸筋、斜角筋、肋鎖、頚肋、神経根、頚椎ヘルニア、頸部・背部・肩甲帯のトリガーポイント、など、様々な共犯の容疑者が存在し、しかも、共犯者も複数いる可能性があるわけです。

 

 

初回にご説明した、「結果を出しやすい遠位から順に調べていく」理由がお分かりいただけたでしょうか?

 

つまり、症状の原因を究明するには、症状に当てはまる検査をしていくのではなく、考えられる疾患の中から消去法で除外していくほうが、ミスリードを防ぐことができるのです。

 

 

 

あなたの検査は消去法ですか?

 

 

 

歪みを取ってシビれを改善。整体マッサージは
プライミー鍼灸整骨院 横浜日吉本院

電話 045-560-1722

東横線 グリーンライン 日吉駅 (川崎市 武蔵小杉から最短2分)

日吉駅西口から徒歩3分

〒223-0062
神奈川県横浜市港北区日吉本町1-5-24