【大雨は肩こりの元?】症状悪化の3つの理由

こんにちは。

 

1歳の次男が、ネコでもウマでもドラえもんでも見かけると『あ、わんわん』と言ってしまうことがツボなスタッフの山田です。

 

今朝は雨足が強く、抱っこ紐で次男を抱えながら保育園に登園したのですが、抱っこ紐の中で、大雨に次男はおおはしゃぎ!

雨の日の通勤

雨の日は荷物がかさばって大変!!

 

 

しかし、荒天での登園や通勤は大変ですね。

 

今回は、そんなパパママさんも必見!天気が悪いと方がこりやすい3つの理由をご紹介します。

 

その①   荷物が増えるから

単純な理由ですが、傘が増えるだけで、肩の負担は意外なほど大きく増えます。

 

例えば、左手に荷物、右手がフリーだったのに、傘を持つと両手がふさがります。

荷重増だけではなく、手を振ることができなくなるため、体のバランスが悪化します。

 

そのため、荷物が揺れやすくなったり、それを抑え込むために無駄な力が入ったり、とさらなる負担増になります。

 

対策・・・『荷物を減らすこと』

 

その② 体が冷えるから

体が濡れると、水が蒸発するときに発生する『気化熱』と呼ばれる現象で、体温が奪われます。

体が冷えれば、血流が低下し筋肉は酸欠になります。当然、痛みの原因となるのです。

 

対策・・・『靴下の替えを持っていく』『防水機能の優れた服装をする』『小さなタオルの数枚用意する』

 

その③ 痛みを感じやすくなるから

低気圧が近づくと、自律神経のバランスが乱れて、痛みを感じやすくなると言われています。

ちょうど、床についた時や、起床時に痛みを感じやすいのと同じ様な現象が起きると考えられています。

 

対策・・・『朝に熱めのシャワーを浴びる』『夜、ストレッチをしてから就寝する』『早めに整体を受ける』

 

 

 

いずれの場合も痛みが出やすくなる理由ではありますが、全員が痛くなる訳ではありません。

 

つまり、痛みがでてしまった方は、単純に体の余裕がないということを意味しています

雨が降っていると痛みを感じやすい方は、なるべく早く当院にお電話下さい

 

症状が激しくなると、治りが悪くなってしまうこともあります。

当院は混み合っているため、予約をすぐ取れないこともございます。

 

コチラにお電話下さい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

痛みと歪みの整体マッサージ

プライミー鍼灸整骨院 横浜日吉本院

電話 045-560-1722

 

お問い合わせメール

 

雇用条件はコチラ

 

東横線 グリーンライン 日吉駅 (川崎市中原区武蔵小杉・元住吉から最短3分、横浜市港北区綱島、大倉山、菊名から最短9分)

 

新店舗住所:(2/13〜)

〒223-0062

港北区日吉本町1-20-9 重田ビル2階

 

 

旧住所:

〒223-0062

神奈川県横浜市港北区日吉本町1-5-24

 

地図