【日吉 運動会 予防】運動会前に怪我予防ストレッチ(ハムストリング編)

こんにちは。
プライミースタッフの青木です。

先週は秋の運動会で怪我の予防になるふくらはぎのストレッチをご紹介しました。
先週のブログはこちらからご覧ください。
【日吉 運動会 予防】運動会前に怪我予防ストレッチ(ふくらはぎ編)

 

今回はふくらはぎと同様に、運動会で怪我が発生しやすいハムストリング(太ももの裏)のストレッチをご紹介致します。

 

ふくらはぎとハムストリングは膝関節をまたいで隣接する筋肉なので、連動して働くことが多いです。

 

そのため、一緒のタイミングでストレッチすることで効果がアップしますので、ぜひ一緒に実施してみて下さい。

 

ハムストリングスのストレッチ(左脚・立位)

ハムストリングスのストレッチ

 

① 左脚を半歩前に出します(膝は伸ばしたまま)

②手を壁や柱などにつけ、体を安定させます(ストレッチの強弱をこれでコントロール)

③ゆっくり前屈し、太ももの裏が『気持ちいい〜痛気持ちいい』の強さで伸ばします(20秒程度)

以上を左右3セットぐらい行うと、筋肉の柔軟性が上がり、ケガの予防につながります。

 

ポイントは「痛みが出ない程度で、筋肉が伸びるのを待つこと」です。

 

ハムストリングは「肉離れ」が起きやすい部位になりますので、運動前にはしっかり予防をするようにしましょう。

 

すでに痛くてストレッチが辛い方、実際にももを痛めてしまった方はこちらの番号にお電話下さい。
tel:045-560-1722

 

【足の怪我でお悩みの方は当院までご相談ください】
痛みと歪みの整体マッサージ
プライミー鍼灸整骨院 横浜日吉本院
お問い合わせメール