《痛み止めだけでいいの?》成長痛

こんにちは。

運動大好きな長男がいつか大ケガをするのではないかと心配なスタッフ山田です。

昨日、患者様からご相談がございました。

中学生の息子さんが膝の痛みで病院にかかったところ、オスグッド・シュラッター病と診断されたそうです。

いわゆる成長痛と言われるものなのですが、中学生から高校生の男子に多い疾患です。

膝の骨が痛みとともに出っ張ってしまう症状が出ます。

原因は『骨の成長が完了する前に強く持続的な牽引が筋肉の付着部(=膝の下の骨の部分)にかかること』にあります。

一般に病院では消炎鎮痛剤(痛み止め・シップ)が処方されることが多いです。

この患者様には処方されなかったようですが、膝蓋骨(膝のお皿の骨)の下に装着するサポーターのようなバンドがあります。

(下の画像をご参照ください)

ソルボオスグッド

SORBOTHANEのHPより抜粋

 

当院では、筋肉の過剰な緊張を取り、その原因となった身体の歪みを改善するというようなアプローチをとります。

炎症が治った後も痛みが再発しないようにしたり、より高いパフォーマンスを発揮しやすくしたり、成長障害のリスクを下げるという目的があります。

これから長く使い続ける大切なお子様お体を早めにチェックしてみませんか?

 

 

 

 

痛みと歪みの整体マッサージ

プライミー鍼灸整骨院 横浜日吉本院

電話 045-560-1722

 

お問い合わせメール

 

雇用条件はコチラ

 

東横線 グリーンライン 日吉駅 (川崎市中原区武蔵小杉・元住吉から最短3分、横浜市港北区綱島、大倉山、菊名から最短9分)

 

新店舗住所:(2/13〜)

〒223-0062

港北区日吉本町1-20-9 重田ビル2階

 

 

旧住所:

〒223-0062

神奈川県横浜市港北区日吉本町1-5-24

 

地図