【運動管理】運動不足解消の目安やダイエットにも使えるメッツ(METS)法とは?

こんにちは。
元スポーツインストラクターのプライミースタッフの青木です。

 

新型コロナウイルスによる自粛生活が長くなり、運動不足気味だなと感じている方も多いのではないでしょうか?

 

運動不足になると筋肉が伸び縮みしないため、血流や老廃物が滞りやすくなり、筋肉が硬くなります。

 

そのため、肩こりや腰痛の原因になることもあります。
運動不足解消のためのエクササイズやストレッチはこちら↓↓↓

・【肩こり対策】5秒で実感!カンタン肩甲骨エクササイズ!(肩甲挙筋・改訂版)

・【腹筋と言えばクランチ】これが王道の腹直筋エクササイズ

・【肩こりストレッチの決定版】肩甲挙筋のストレッチ

・【ストレッチポール使用法①動画あり】背骨の歪みや猫背を改善するセルフケア

 

しかし、運動不足と言われても、どれだけ運動したらいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は厚生労働省が出している運動量の基準と運動の強度を表すメッツ(METS)についてご紹介します。

 

 

まず、厚生労働省ではこのような基準が示されています。

 

〈18〜64歳の運動の基準〉
強度が3メッツ以上の運動を4メッツ・時/週行う。具体的には、息が弾み汗をかく程度の運動を毎週60分行う。

これだけではよくわかりませんよね。

 

まず、メッツとは、簡単に言うと「安静時を1とした時に、何倍のエネルギーを消費するか」を示す運動強度の単位です。

 

メッツ・時とは、「運動強度×時間」で計算する運動量の単位です。

 

例:普通歩行(3メッツ)を30分した場合
3メッツ×0.5時間=1.5メッツ・時

となります。

 

つまり、30分の普通歩行を週に3回すると
1.5メッツ・時×3=4.5メッツ・時になるので、運動の基準値をクリアできる計算になります。

 

さらにこの計算式に体重を加えることで、大まかな消費カロリーも出せます。

 

例:体重60Kgの人が普通歩行(3メッツ)を30分した場合

60kg×3メッツ×0.5時間=約90kcal

となります。

 

3メッツ以上の運動には下記のものがあります。

・自体重を使った軽い筋トレ(3.5メッツ)

・ラジオ体操第一(4メッツ)

・ゆっくりとしたジョギング(6メッツ)

いかがでしょうか。

 

計画的に運動不足を解消したい方やカロリー計算をしながらダイエットをしたい方はぜひ参考にしてみてください。

 

運動不足で肩や腰が固まってきたという方はこちらの番号にお電話ください。
tel:045-560-1722

【骨盤の歪みでお悩みの方はご相談ください】
痛みと歪みの整体マッサージ
プライミー鍼灸整骨院 横浜日吉本院

お問い合わせメール