【なぜ乱れる?】台風と自律神経のカンケイ

関連記事:台風の時の頭痛でお悩みの方はこちらの画像をタップ!

 

一方屋外に入れたら、激しい雨でびしょびしょに濡れてしまった

こんな経験ありませんか?

昨日、病院から外に出た瞬間に、ゲリラ豪雨のような大雨に見舞われ、びしょぬれになったスタッフの山田です

 

さて、肩や腰膝に痛みを抱えている方で台風が近づくと痛みが急激に増してしまう方いらっしゃいませんか?

その理由はその原因は何でしょうか?

結論から言いますと、

(台風が近づく=気圧が下がる)副交感神経が優位になるからです。

 

副交感神経は、交感神経と対となり、2つで自律神経と呼ばれています。

雨が降ると、外で活動をしなくなると言うのは、人に限らず生き物ほぼ全般で共通しています。

 

そのため、雨の日は巣ごもりをして、体力の温存や怪我の回復等に都合の良い副交感神経を優位にする傾向が強くなります。

副交感神経は、体の異常を察知するために、痛み、しびれ、疲労感、などを感じやすくする効果があります。

もし台風が来たときに、痛みを感じるようであれば、それは台風が来たから痛くなったのではなく、もともとあなたの体にトラブルがあったものが、台風をきっかけに気づくことができたと言うこともいえます。

台風が過ぎ去ってしまうとせっかくあぶり出された体のトラブルが消えてしまいます。

もし体に何か異変を感じるようでしたらその時にすぐに治療を受けられるとあなたの健康レベルは高いものとなります。

体の変化を感じてらっしゃる方は当院にお電話ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

痛みと歪みの整体マッサージ

プライミー鍼灸整骨院 横浜日吉本院

電話 045-560-1722

 

お問い合わせメール

 

雇用条件はコチラ

 

東横線 グリーンライン 日吉駅 (川崎市中原区武蔵小杉・元住吉から最短3分、横浜市港北区綱島、大倉山、菊名から最短9分)

 

新店舗住所:(2/13〜)

〒223-0062

港北区日吉本町1-20-9 重田ビル2階

 

 

旧住所:

〒223-0062

神奈川県横浜市港北区日吉本町1-5-24

 

地図