【継続は工夫】『めんどうくさい20秒』を逆手に取ったダイエット方法とは!?

こんにちは。

 

以前、プリン〇ルス(ポテトチップス)をまとめ買いして、食欲に勝てず3日で完食しまったスタッフの山田です。

 

そんなに食べる気はなかったのに、ついつい食べてしまうこと、ありますよね?

 

ついうっかり食べてしまうのを、どうにかコントロールしたい、という方に、行動心理学に基づいた有効な方法をご紹介します。

 

 

『人間は20秒以上がかかるとめんどくさくなる』という現象を利用した、ストレッチの対策の話をしましたが、その応用をします。

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

こちらをご覧ください

 

つまり、『食べ始めるまでに20秒の障害を作る』というものです。

 

 

僕の場合、買いだめしたポテトチップスを食卓の近く、目に着くところに置いていました。これでは心理的ハードルが低く、すぐに手を伸ばしてしまいます。

 

そこで、ポテトチップを購入するのをやめ、どうしても欲しければ、コンビニやスーパーに買いに行くというようにしました。

これなら絶対に20秒以上かかりますよね?

 

もうすでに手元にあるのであれば、セロテープ等を1周チョコレートにパッケージに巻きつけておくというのもアリですね。

 

いかがでしたか?今回はダイエットをガマンに依存せずに結果を出す方法をご紹介しました。

 

めんどくさい女性

めんどくさがり屋にピッタリのストレッチはコチラをタップ!

『人間は20秒以上がかかるとめんどくさくなる』という現象を利用した、ストレッチの対策も是非ご覧下さい。

 

 

身体の事をセルフケアも含めてトータルで改善したい方は当院にお電話下さい。

プライミー鍼灸整骨院

045-560-1722