【雨の日】肩こりが悪化するのはなぜ!?

肩こり治療の紹介ページはコチラをタップして下さい。

こんにちは。

久しぶりの雨で一気に気温が下がりましたね。

天気が悪くなると、肩こりや腰痛、膝の痛み、頭痛など、症状が悪化する方がいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、天気が悪くなるとなぜ体の調子が悪くなるのか?

その原因と対策をご紹介を致します。

 

痛みの閾値』というのをご存知でしょうか?

閾値は『これ以上痛覚センサーが刺激されると、脳が痛い!と感じ始めるレベル』のことを指します。

 

多少痛み刺激があったとしても、その基準値以下であれば、症状は表面化しません。

 

しかし、天気が悪くなると、副交感神経が優位になり、痛みを抑制する交感神経の活動が弱まります

 

その結果、痛みの閾値が下がり、痛みを感じやすくなるという仕組みです。

 

一説によると、雨の日に副交感神経が優位になるのは、人間が狩りをして生活をしていた時代の名残だそうです。

 

雨の日は狩りに出かけず、身体を休ませる(=副交感神経が優位だと有利)となるため、進化の過程でそうなった、と言えるのです。

雨の日でも晴れの日と変わらず仕事や学校に行かなければいけない現代人にはややしんどい話ですね。。。

 

 

肩こりの治療をご希望の方は下記をタップしてご覧下さい。

肩こりの治療

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

痛みと歪みの整体マッサージ

プライミー鍼灸整骨院 横浜日吉本院

電話 045-560-1722

 

お問い合わせメール

 

雇用条件はコチラ

 

東横線 グリーンライン 日吉駅 (川崎市中原区武蔵小杉・元住吉から最短3分、横浜市港北区綱島、大倉山、菊名から最短9分)

 

新店舗住所:(2/13〜)

〒223-0062

港北区日吉本町1-20-9 重田ビル2階

 

 

旧住所:

〒223-0062

神奈川県横浜市港北区日吉本町1-5-24

 

地図