交通事故にあわれた方へ

交通事故にあってしまったら

もし交通事故にあってしまったら、どうすればいいかご存知ですか?

1. 警察に届け出ましょう
被害者・加害者関係なく、必ず警察に「交通事故証明書」を発行してもらって下さい。でないと保険会社に保険金の請求ができません。また、自分が届け出を出した警察署と担当官の名前はメモしておきましょう。

2. 痛みがなくても、すぐに病院に行きましょう
事故日の数日~数週間してから痛みが出てくるというのはよくあります。この場合、初期治療が遅れたために、後遺症が残る可能性もあります。
原則として、治療費は全て保険会社(120万円までは自賠責保険、これを超える部分は任意保険)から支払われます ので、安心して通院して下さい。
治療費と補償についてはこちら

※保険治療(自己負担金0円)は、警察署へ『診断書』を提出し、事故証明が人身事故扱いになっていることが必要です。『診断書』は、病院、整形外科、そして整骨院でしか発行することができません。整体院では保険適用できませんので注意して下さい。

3. 保険会社へ連絡しましょう
自分が加入している保険会社への連絡を怠ると、保険料を受け取ることができない場合があります。そうならないためにも、必ず連絡をしておきましょう。その時に、相手の氏名、住所、連絡先、車のナンバー、保険会社名、自賠責証明書番号などの情報を控えておくと、その後の手続きがスムーズになります。
また、転院する際も、保険会社への連絡が必要になります。

4. 示談交渉
当院では、
保険会社との交渉、慰謝料や示談交渉も全面的にサポート
いたします。
詳しくはこちらへ

当院の治療とサポート

交通事故後、次のような症状でお悩みの方はいませんか?
■頭痛 ■めまい ■耳鳴り ■目のかすみ
■首や肩のこりが消えない ■手や指がしびれる
■咳やくしゃみが止まらない
⇒もしかしたら、むち打ち症の可能性があります。

むち打ち症とは、急停車や追突の衝撃により、頭部が激しく揺さぶられ、首の組織が損傷することで起こります。それによって、上記のような症状が出てきます。

症状の度合いは事故の衝撃の大きさによっても異なりますが、レントゲン検査ですぐに異常が認められるとは限りません。ほとんどの方が自覚症状のみで、なかなか治療が進まないというケースが多いです。

当院では皆さま一人ひとりの症状に合わせて、手技治療を中心に、鍼灸や電気治療などを用いて、適切な治療を行います。
皆さまには、一日も早く怪我から復帰されるように、治療に集中して頂くことを最優先に考えております。もちろん、より早い回復の為にはセルフケアも大切ですので、必要なアドバイスもさせて頂きます。しっかりとしたケアを行うことで、筋力低下や後遺症を残さない改善を目指します。
当院の治療の流れはこちら

治療費の保証については次のページでご紹介致します。

 

1  2⃣  3⃣

 

 

 

customer_banner