【腰痛の原因になる⁈】腸腰筋のセルフチェック法

こんにちは。
プライミースタッフの青木です。

 

当院では院内での施術に加え、自宅でできるセルフケアやエクササイズ、ストレッチなどもご紹介しております。

 

今回はこれまでにストレッチ方法をご紹介している『腸腰筋』(ちょうようきん)についてお話しします。
以前ご紹介したストレッチはこちら
①【足の付け根の前の違和感】腸腰筋(ちょうようきん)のストレッチ

②【簡単版!腸腰筋ストレッチ】仕事の合間にやるならコレ!

 

腸腰筋は股関節・腰にある筋肉の中で、最も深い部位にある筋肉になります。

 

主に股関節の屈曲(膝を胸に近づける動き)や座った姿勢で体が後ろに倒れないように支えてくれる働きをしています。

 

この筋肉が硬くなる、または機能が正常に働かなくなると、腰痛の原因になってしまうことがあります。

 

そこで今回は、この腸腰筋の状態をセルフチェックする方法をご紹介します。

 

腸腰筋の状態を確認する方法はいくつかありますが、今回は「トーマステスト」という方法をご紹介します。

~トーマステストのやり方~

①床の上に仰向けになります。

②左膝を曲げ、両手で抱えて胸の方に近づけます。

このとき右足がベッドから浮いてくるようであれば、右の腸腰筋が硬くなっている可能性があります。
反対も同様にチェックしてみてください。

 

このトーマステストを腸腰筋ストレッチの前後に行うことで、ストレッチ効果のビフォーアフターも確認できますので、ぜひ試してみてください。

 

もし、ストレッチをしても症状の改善が見られない方は一度当院にご相談ください。
tel:045-560-1722

 

これまでの患者さんの喜びの声

 

【骨盤の歪みでお悩みの方はご相談ください】
痛みと歪みの整体マッサージ
プライミー鍼灸整骨院 横浜日吉本院
お問い合わせメール