【肩の痛みの原因をセルフチェック】肩こりの3つのチェックポイント!!①

肩こりの主犯:肩甲挙筋をチェック!

 

前回肩の関節の痛みが肩こりからきている?!の続きです。

 

今回は、肩コリを簡単にチェックできる方法をお教えします。

ご自分自身でも行えますし、ご両親が学校に通うお子さんの肩に関する障害をあらかじめ予防する事もできます。

 

そのチェック項目は以下の3つです。

 

  1. 伸長(筋肉を伸ばすこと)ができるか?
  2. 収縮(筋肉を縮めること)ができるか?
  3. 圧痛(押されて痛いこと)はないか?鈍感になっていないか?

 

今回は3つをチェックの方法と対策(その①)をお伝えします。

 

 

1. 伸長(筋肉を伸ばすこと)ができるか?

 

筋肉が硬くなると、十分に伸びなくなり、左右に頭を倒した時に突っ張るような症状で可動制限が発生します。

 

左右に頭を倒して可動域をチェックしましょう。

正常な可動域は、50度まで横に倒すことができます。(図1を参照)

左右に50度倒れるのが正常の可動域です。

 

※:注 胴体はまっすぐ垂直を保ち、『首だけ』倒します。

 

 

もし、伸ばして突っ張って十分に横に倒せない場合は、ストレッチを行いましょう。

 

ストレッチの効果的な方法こちらをごらんください。

 

 

次の記事『収縮(筋肉を縮めること)ができるか?』のチェックと対策です

 

 

 

 

これまでの患者さんの喜びの声

 

【骨盤の歪みでお悩みの方はご相談ください】

痛みと歪みの整体マッサージ

プライミー鍼灸整骨院 横浜日吉本院

 

電話 045-560-1722

 

お問い合わせメール

 

東横線 グリーンライン 日吉駅 (川崎市中原区武蔵小杉・元住吉から最短3分、横浜市港北区綱島、大倉山、菊名から最短9分)

 

日吉駅西口から徒歩3分

〒223-0062

神奈川県横浜市港北区日吉本町1-5-24

 

地図

?