【熱中症になってしまったら】救急車?病院?自宅安静?適切な判断と対策を知ろう!

台風一過で暑くなる?

こんにちは。

プライミー鍼灸整骨院スタッフの山田です。

 

 

台風が近づき、ようやく暑さも一休みですね。

 

とはいえ、台風一過となれば、また暑くなることも予想できます。

 

そうすればまた熱中症のリスクが上がります。

 

今回は、熱中症を理解し、その対策を立てやすくしましょう!

 

 

熱中症とは?

 

 熱中症とは・・・

・体温が上がる

・体内の水分や塩分のバランスが崩れる

・めまい、けいれん、頭痛などのさまざまな症状

を起こす気のことを言います。

重症度によって、次の3つの段階に分けられます。

 ・Ⅰ度: 現場での応急処置で対応できる軽症
       立ちくらみ
       筋肉痛、筋肉の硬直(発汗に伴う塩分の不足で生じるこむら返り) 
       大量の発汗

 ・Ⅱ度: 病院への搬送を必要とする中等症
       頭痛(ズキン、ズキンとする痛み)、気分の不快、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感

 ・Ⅲ度: 入院して集中治療の必要性のある重症
       意識障害、けいれん、手足の運動障害
       高体温(体に触ると熱い。いわゆる熱射病、重度の日射病)

 

 

~普段からの心がけで熱中症を予防しよう~

まめな水分補給

のどが渇く前からこまめに水分を塩分を一緒に補給しましょう。

ただし、コーヒーや緑茶などのカフェインが多く含まれている飲み物、アルコール類は利尿作用があるので適しません

汗腺を鍛える

普段から運動で汗をかくことも大事な予防法の一つです。

ちょっと意外かもしれませんが、普段、汗をかく習慣がある方は、発汗しても電解質が失われにくいそうです。

汗腺も鍛えられるというわけですね。

 

こんな人は特に注意!

 乳幼児や高齢者は特に注意が必要ですが、

  • 運動に慣れていない人
  • 運動部の一年生
  • 肥満の人
  • 寝不足や疲れなどで体調が悪いとき
  • 二日酔いや下痢などで体内の水分が減っているとき

 

これらも注意が必要です。

 

 

熱中症になってしまったら、救急車?病院?自宅安静?

 

こんな時は救急車を呼ぼう!!

・意識がない

・呼びかけに対する返事がおかしい場合は

 

こんな時は病院に行こう!

・水分を自力で摂れない場合

・必要な応急処置を行っても症状が改善しない場合

 

・熱中症の応急処置

 熱中症が疑われる場合は、次のような応急処置を行いましょう。

  1. 涼しい環境に移す
    風通しの良い日陰や、クーラーが効いている室内に入りましょう。
  2. 脱衣と冷却
    衣類を脱がせて、体内の熱を外に出します。さらに、露出させた皮膚に水をかけ、うちわや扇風機などで仰いだり、氷嚢で首やわきの下、太ももの付け根を冷やし、体温を下げます。
  3. 水分と塩分を補給する
    冷たい水、特に塩分も同時に補える経口補水液やスポーツ飲料などを。(意識障害がある場合はすぐに救急車を呼びましょう。吐き気や嘔吐の症状がある場合も無理をせずに病院へ行きましょう)

 

 

 

先日、患者様が頭痛がするということで熱中症を疑っていらっしゃいましたが、頭痛治療をしたところ、しっかり症状が取れました。

実は、熱中症とは無関係な筋緊張性頭痛(いわゆる肩こり頭痛)でした。

 

正確な治療には、正確な判断が必要です。

 

もし、体のことでお悩みでしたら、当院までご相談のお電話をください。

過去のブログも合わせてご覧ください⇨片頭痛?緊張性頭痛?その見分け方と対策

 

これまでの患者さんの喜びの声

 

【頭痛やめまいの症状でお困りの方はお電話下さい】

痛みと歪みの整体マッサージ

プライミー鍼灸整骨院 横浜日吉本院

 

電話 045-560-1722

 

お問い合わせメール

 

東横線 グリーンライン 日吉駅 (川崎市中原区武蔵小杉・元住吉から最短3分、横浜市港北区綱島、大倉山、菊名から最短9分)

 

日吉駅西口から徒歩3分

〒223-0062

神奈川県横浜市港北区日吉本町1-5-24

 

地図

?