【白内障を予防しよう】サングラスのすヽめ

日本ではあまり馴染みがないけれど・・・

 

 

こんにちは。プライミースタッフの山田です。

前回は当院の女性スタッフのほのか先生が日焼け対策になる紫外線に有効なサングラス(こちらをチェック!)のご紹介をしました。

 

白人系に比べて日本人の瞳は色素が濃いため、眩しい太陽の光に強いと言われています。

そのため、サングラスを使用する習慣があまりないのが現状です。

 

しかし、色素があるのは、『虹彩』と呼ばれる部分であり、角膜はそれよりも外(前)にあり、紫外線に暴露されます。

 

当然ですが、紫外線が目に入りすぎるのは、肌だけでなく、目にとってもあまりよくありません。

 

代表的な疾患として、角膜炎や白内障(水晶体が白濁すること)が挙げられます。

 

目が悪くなると肩こり姿勢不良を引き起こし、ひいては腰痛膝の痛み頭痛、などなど、たくさんの症状につながります。

将来、目が悪くならないように、サングラスを上手に使えるといいですね!

 

紫外線から角膜を守ろう!

 

 

また、片頭痛を持っている方にとっても、サングラスの使用は片頭痛の発作の抑制にもなるため、利用価値があります。

片頭痛でお悩みの方は、こちらをご覧ください

 

 

 

 

 

 

これまでの患者さんの喜びの声

 

【ご質問や治療をご検討の方はすぐにお電話ください】

痛みと歪みの整体マッサージ

プライミー鍼灸整骨院 横浜日吉本院

 

電話 045-560-1722

 

お問い合わせメール

 

東横線 グリーンライン 日吉駅 (川崎市中原区武蔵小杉・元住吉から最短3分、横浜市港北区綱島、大倉山、菊名から最短9分)

 

日吉駅西口から徒歩3分

〒223-0062

神奈川県横浜市港北区日吉本町1-5-24

 

地図