【ストレッチポール使用法①動画あり】背骨の歪みや猫背を改善するセルフケア

常に脱力して行いましょう

 

こんにちは。
プライミースタッフの青木です。

 

当院では施術に加え、自宅でできるストレッチやエクササイズなどのセルフケアもたくさんご紹介しております。

これまでのセルフケアブログはこちらをクリック

 

今回は以前ご紹介したストレッチポールの基本姿勢と簡単な使用方法をご紹介します。

以前紹介したストレッチポールについてはこちらをクリック

 

以前ご紹介したようにストレッチポールは「手軽で簡単」な上に「ポールの上に寝るだけ(仰向け)で身体の歪みを調整できる」当院オススメのセルフケアツールです。

寝ているだけで効果のあるストレッチポールですが、より効果の高めるための使用方法がこちらです。

 

【基本姿勢】

◉ストレッチポールの縫い目が背中に当たらないように置き、ゆっくり仰向けに寝ます。

◉ストレッチポールの上に頭とお尻が乗るように調整し、膝を立て、足幅は腰幅と同じぐらいにします。

◉この姿勢で安定して、リラックスできた場所が基本姿勢となります。

◉これだけで背骨まわりの筋肉が緩み、背骨の歪みを調整してくれます。

 

【腕を回す運動】

※音が出ますので、音量にご注意ください。

◉両肘と手首を床につけたまま小さく円を描くようにクルクルと回します。

◉手のひらはどんな向きでもOKですが、手のひらを下に向けた方が回しやすいかもしれません。

◉腕を回すことで、肩甲骨が動くことを感じながら反対回しもしましょう。

◉この運動で肩甲骨まわりの筋肉がほぐれ、猫背の改善に繋がります。

 

ストレッチポールはどの動きも数分から長くても10分くらいで充分効果があります。

逆に何十分も乗っていたり、ポールの上で眠ってしまうと身体を痛めてしまう可能性があるのでご注意ください。

 

デスクワークでいつも猫背になってしまう方や姿勢の歪みが気になる方はぜひ参考にしてみてください。

商品の詳細はこちら
http://stretchpole.com/about/

 

また、すでに身体に痛みがあり、セルフケアでは症状の改善が難しい方はすぐに当院にご相談ください。

TEL 045-560-1722

 

これまでの患者さんの喜びの声

【骨盤の歪みでお悩みの方はご相談ください】
痛みと歪みの整体マッサージ
プライミー鍼灸整骨院 横浜日吉本院
お問い合わせメール