【肩こり・腰痛に優しい!?】3つのポイントを押さえたリュックがオススメ!!

前回のブログはこちらをご覧ください

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【肩こり腰痛対策のバッグの種類とは??】あのタイプは注意が必要!!

 

 

 

こんにちは。

小学生の長男と休日は9割方は公園や自然の中に遊びにいくスタッフの山田です。

 

 

ぼくは元々ストレートネックを持っていて、肩が凝りやすいタイプなんです。

 

そのため、日々のメンテナンスや対策はとても重要になってきます。

 

ぼくが肩こりや腰痛を未然に防ぐ方法のひとつとして、リュックに工夫をしています。

負担の少ないリュックの特徴を、皆様にご提供いたします。

 

 

軽量!密着!コンパクト!

 

 

ぼくが使っているリュックは、トレイルラン用のものです。

負担が少ないポイントが3つありますので、リュック選びの際はご参考下さい。

 

 

ポイント① 軽量

重さわずか300g余りと驚くほど軽いです。それまで使っていたリュックの半分以下の重量で、リュックが肩に食い込む事がほとんどなくなりました。

しかもスポーツ用なので、強度も十分あり、耐久性もまずまずかな?と予想しています。

 

メリット② 密着性に優れる

バッグは身体から離れるほどブレたり重心が乱れたりして、負担が増えます。

トレイルランは山道を、水などをリュックに入れて走る競技なので、身体にぴったりフィットしやすいものが多いです。

ぼくのリュックのモデルはチェストバックルに加えウェストバックルもあり、

重さを肩の上だけでなく、背中、胸、骨盤に分散できます。

 

登山用と違って、アウトドア感がそこまで強くないので、タウンユースでも使いやすいのもポイントです。

 

 

メリット③ 荷物を最小限に絞りやすい

ぼくは仕事でパソコンを持ち運んでいますが、コンパクトなリュックでも意外と入ります。

しかし、それ以外にはあまり入らないので、必要以上に持ち運ぶことが少なくなります。

 

 

 

前回のブログはこちらをご覧ください

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【肩こり腰痛対策のバッグの種類とは??】あのタイプは注意が必要!!

 

 

 

痛みと歪みの整体マッサージ

プライミー鍼灸整骨院 横浜日吉本院

電話 045-560-1722

 

お問い合わせメール

 

雇用条件はコチラ

 

東横線 グリーンライン 日吉駅 (川崎市中原区武蔵小杉・元住吉から最短3分、横浜市港北区綱島、大倉山、菊名から最短9分)

 

新店舗住所:(2/13〜)

〒223-0062

港北区日吉本町1-20-9 重田ビル2階

 

 

旧住所:

〒223-0062

神奈川県横浜市港北区日吉本町1-5-24

 

地図