【靴の履き方1つで足が軽くなる!?】長時間歩いても疲れにくい靴の履き方の紹介

こんにちは。プライミー鍼灸整骨院の落合です。

 

歩くとすぐに足が疲れてしまう方に嬉しいお話を致します。

 

すぐに足が疲れてしまうのは、靴の履き方や選び方に問題があるかもしれません。

 

正しい靴の履き方については、先週の土曜日の記事に書いていますので、下のリンクをご覧ください。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

今回は靴を履く際の大事な4ステップをお伝えします!

 

①まず=紐やマジックテープを緩めて、足を靴の中に入れます

この時大事な事はきちんと紐やマジックテープを下から緩めること!

上だけ緩めて結ぶだけでは後のステップを守っても意味をなさなくなるので注意してください!

②踵を地面に打ちつける様に履く

 

踵に合わせるようにトントンしてください。

言葉では分かりづらいので下記の図を参考にして下さい。

 

靴の履き方

この時やってはいけないことは、爪先に合わせて靴を履くこと。
爪先トントンをやってしまうと、最悪の場合巻き爪になる事があります。

③紐やマジックテープを下から上に縛る、若しくは止めてください

靴の中で足の甲が動かないように密着させるようにして下さい。

④紐やマジックテープをきちんと結びます

あまり強くやりすぎると足が痛くなってしまうので、足が動かない程度に結んで下さい!!

もしやり方が分からなければスタッフに聞いてくださいね!^^

 

これらのステップを守って頂けますと以下のメリットが期待できます。

・足が軽くなる

・仕事中疲れにくくなる

・1歩が軽くなる

・膝や腰の調子が良くなる事がある

足の疲れや、肩こり、腰痛でお悩みの方はプライミー鍼灸整骨院にお電話ください。

 

プライミー鍼灸整骨院 tel:045-560-1722