【肩こり・腰痛の原因を知ろう!】寒いとなぜ体が痛くなる?

寒がりの女性

 

こんにちは。

昨日次男が突然の高熱を出したスタッフの山田です。

 

インフルエンザではなかったのですが、やはり風邪が流行っている時期ですね。

中国からの新型ウィルスも怖いですね。

 

過去のブログ:

正しいマスクの付け方

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

ぜひこちらをご覧下さい。

 

 

今日は、冬に肩がこったり、腰が痛くなる方必見

 

なぜ体が痛くなるか?についてのお役立ち情報です。

 

体が冷えると痛みが出やすくなる理由は、ずばり『酸欠になるから』です。

 

筋肉は活動をする際に大量の酸素を必要とします。

そして酸素は血液によって運ばれてきます。

 

しかし、筋肉はが硬くなったり、体が冷えたりすると、血流が低下し、必要な分の酸素が組織に行き届かなくなるからです。

子供の頃、腕を紐やゴムで縛って色が変わると同時に痛みを感じた、なんて危険な遊びをやったことごある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

(絶対にマネしないで下さいね!)

肩こりや慢性腰痛の方が湿布(消炎剤)を使っても効果が得られないことがあるのは、原因が血流不足による組織の酸欠だからということですね。

当院では、コリが起きてしまう更なる原因にアプローチし、より少ない施術でいい状態をキープすることをめざしています。