「オーバーラップ 靴ひも」ひもの通し方だけでその症状改善するかも?

こんにちは、理学療法士のスタッフ高岡です。

 

靴を履いて歩いていると外反母趾で困っている歩いていると膝などの関節が痛い疲れやすいって人はいませんか?

それはもしかしたら靴紐の通し方で変わるかもしれません。

 

「靴紐に通し方ってあるの?」

「お店で結んでくれる以外にあるの」

痛みなどの歩行時に問題がある人はぜひやってみてください。

 

今日紹介するのは、オーバーラップと呼ばれる靴紐の通し方です。

 

メリット

・結びやすく、緩みにくい

・緩みにくいので足元が固定される

・靴の中で足が動きすぎて指が当たる事が減り、痛みが軽減しやすい

・外反母趾、巻き爪の予防になる

・歩行中にグラグラしにくい

・そのため膝などの関節に負担がかからないため痛みが軽減しやすい

・グラグラしないので余計な力が入らずに疲れにくい

 

通し方

1,最初に①と②の穴に紐を通す。

  つま先側の左右の穴に上から靴紐を通し、出てきた靴紐の長さを均等にそろえる。

2,①からできた靴紐を③の穴に通す。

  足の外側にきた靴紐を内側の穴へ、上から下に通す。

3,②から出てきた靴紐を④の穴に通す。

  足の内側にきた靴紐を外側の穴へ、上から下に通す。

4,ステップ2~3と同じ要領で靴紐を通していく

  左右ともに、内側のシューホールから外側のシューホールへ向かう靴紐が上になるようにとおす。

5,完成

  最後に蝶々結びで完成

  靴紐の表と裏の面が交互に出てくるようにする。

  靴紐がねじれないように注意してください。

 

歩いていると指が当たって痛くなる方、疲労でつらいという方は一度試してみてください。

靴ひもをしっかりと結んだ状態でプライミー鍼灸整骨院の「オーダーメイドインソール」を使用するとさらに効果が上がります。

「オーダーメイドインソール」についてはこちらをお読み下さい↓↓↓

【膝や股関節の痛みの改善につながる?】プライミーからの新メニュー

関節、腰の痛みでお困りの方、予防に興味のある方はぜひ電話をお待ちしています。

痛みと歪みの整体マッサージ

プライミー鍼灸整骨院 横浜日吉本院

電話 045-560-1722