【日吉 腰痛 腹筋】腰痛予防になる正しい腹筋「クランチ」をご紹介致します。

こんにちは。
夏までに腹筋を鍛え直したいプライミースタッフの青木です。

先日は肩こり予防とウォーキングの関係についてご紹介しました。
先週のブログはこちらからご覧ください。
【日吉 肩こり ウォーキング】肩こり解消につながるウォーキング方法とは?

 

今回は腰痛予防になる正しい腹筋方法「クランチ」をご紹介致します。

バランスボール腹筋女性

先週ご紹介したウォーキングも、腹筋をはじめとした体幹が安定しないと、姿勢が崩れてしまうため、運動効果が半減し、腰痛のキッカケになってしまうかもしれません。

今回ご紹介する「クランチ」はおもに腹直筋(ふくちょくきん)をターゲットにした腹筋トレーニングになります。

腹直筋は身体の中心にある大きな筋肉です。
腹筋,腹直筋

姿勢の維持にも関与するため、筋力が低下すると身体の歪みに繋がり、腰痛などの痛みの原因になることもあります。

 

また、産後のママさんは出産の影響で腹筋群の筋力が低下するため、骨盤が歪んだりぽっこりお腹がひっこまなくなったりしてしまいます。
産後の骨盤矯正についてはこちらページをご覧ください。
プライミー産後骨盤矯正専門ページ

そんな腹筋の筋力低下による悪影響を改善&予防するための正しい「クランチ」がこちらです。

 

【腰痛予防!正しいクランチのやり方】

①仰向け膝を立て、両手をお腹にのせます。

あお向け,膝を立てる,お腹の上に手をのせる

②アゴを軽く引き、へそを見るように上体を起こします。上げる高さは肩甲骨が床から離れるくらいでOK

腹筋,クランチ,トレーニング

③肩甲骨が浮いた状態で3〜5秒間キープし、3秒かけてゆっくり上体を戻します。
キープしている時に息を止めないように注意しましょう。

 

①〜③の動きを1日3〜10回を目安にご自身の筋力に合わせて実施します。

 

なかなか継続するのが難しい方は1日に1回でも良いので、毎日続けられると効果が出やすいです。

 

また、腹筋は朝に実施することをオススメしております。

朝に腹筋を刺激することで、その日1日を通してお腹を意識しやすくなり、腹筋を使いやすくなるためです。

 

ぜひ実施してみて下さい。

※次週はウエストサイズダウンに効果的な腹筋エクササイズをご紹介致します。

 

産後のお腹や腰痛が気になる方はお気軽にこちらの番号にお電話ください。
tel:045-560-1722

 

【骨盤の歪みでお悩みの方はご相談ください】
痛みと歪みの整体マッサージ
プライミー鍼灸整骨院 横浜日吉本院

お問い合わせメール