【冬 脱水予防】冬も脱水に注意が必要?

お水画像


こんにちは。
プライミースタッフの青木です。

今年は暖冬で、気温が氷点下になることはほとんどありませんが、
それでも寒い日が続きますね。


今回は、こんな寒い冬だからこそ気をつけたい
「水分補給」についてご紹介します。


成人の約60%が水分であるといわれ、
「水」は生きるために必要不可欠です。


特に夏の時期は熱中症などの心配もあり、
脱水対策も意識しやすいですが、

実は冬も脱水になりやすい要因があるんです。
〜冬に脱水になりやすい要因〜

その①

「空気の乾燥」

冬は外気が乾燥し、エアコンの暖房などを使うことで、

室内ではさらに湿度が下がります。

 

そんな空気が乾燥している環境では、皮膚や粘膜、あるいは呼気から、

特に自覚がないまま水分が失われる「不感蒸泄」が増えます。
※「不感蒸泄」とは⬇︎
普段感じることのない水分の喪失。
呼気に含まれる水分や皮膚や粘膜から蒸発する水分を合わせたもの。


そのため、日常生活の中で知らず知らずのうちに
体から水分が失われる量が増えていることになります。


その②

「のどの渇きを感じにくい」

外気温が低いと体感温度も低くなります。
体感温度が低くなると、
のどの渇きを感じにくくなることがあります。

 

また、体を冷やしたくないという理由で、
水分補給を控えてしまう場合も多いです。


このように、空気の乾燥による「不感蒸泄」の増加水分摂取量の減少が同時に起りうる冬は、
脱水に注意が必要です。

また、体の冷えが気になる方は就寝前に
白湯を飲むのも良いと思います。

ちなみに当院に設置しているウォーターサーバーは
水もお湯も出ますので、いつでもお気軽にお飲みください。

特に施術後は血液の循環が良くなり、
代謝が活発になりますので、
水分補給をすることで老廃物の除去効果が期待できます。


ぜひご利用ください。

 
 
歪みと痛みの整体マッサージ
プライミー鍼灸整骨院 横浜日吉本院
お問い合わせはこちら
電話 045-560-1722