【低気圧痛?】梅雨になると関節が痛いのはなぜ?

雨の日の通勤こんにちは。

 

12歳で両膝の半月板の手術をして依頼、思春期の天気予報は両膝が担当していたスタッフの山田です。

 

低気圧が近づくと、関節や古傷、過去に痛みめた部分が痛むなんて方、多いのではないでしょうか?

 

諸説ありますが、そのひとつに副交感神経が優位になるから、と言われています。

 

副交感神経は、休息時に優位になり、しっかり心身ともに休ませる働きがあります。

逆に、交感神経は抑制され、効果を失います。

 

交感神経は、多少の痛みや不具合を覆い隠し、活動に適した状況にする役割があります。

 

つまり、副交感神経が優位になることは、痛みや疲労を感じやすくなり、身体を休ませようとしてしまう、という事です。

 

これは、果たして悪い事なのでしょうか?

実際は、身体の本当の状態が分かる、とも言え、決して悪ではありません。

 

問題は、副交感神経が優位になっただけで体のトラブルが表面化するほど、身体の状態が悪化している。という事なのです。

 

肩こり

https://www.helloprimy.com/news/20200527/

そんな方には、セルフケア↑↑↑↑↑と

早めの痛み治療がおすすめです。

当院にすぐにお電話ください!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

痛みと歪みの整体マッサージ

プライミー鍼灸整骨院 横浜日吉本院

電話 045-560-1722

 

お問い合わせメール

 

雇用条件はコチラ

 

東横線 グリーンライン 日吉駅 (川崎市中原区武蔵小杉・元住吉から最短3分、横浜市港北区綱島、大倉山、菊名から最短9分)

 

新店舗住所:(2/13〜)

〒223-0062

港北区日吉本町1-20-9 重田ビル2階

 

 

旧住所:

〒223-0062

神奈川県横浜市港北区日吉本町1-5-24

 

地図